非常事態宣言も解除になり、本日から6月がスタートしました。

公認心理師、臨床心理士、副事務長の春名です。

本日から6月がスタートしましたね。

緊急事態宣言も解除され、道内でも一歩これまでの日常に近づいたのではないでしょうか?

そして、本日は昨日に続き、とても暑い一日ですね。風も暖かく、夏のような日差しです。

 

明日からは、少し暑さも和らぐようですが、熱中症にはご注意ください。本日より、緊急事態宣言の解除を受け、クリニックでは待合ロビーの人数制限を緩和させていただいております。まだ、以前と同様ではなく、距離をとって座っていただくこととなりますが、7名に制限させていただいていた人数を9名とさせていただいております。

 

その他の感染予防対策は引き続き継続させていただいております。アクリルボードによる飛沫予防やアルコール消毒は今しばらく続けます。

 

ご不便をおかけすることもあるかもしれませんが、引き続きご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

札幌 西区 琴似

精神科 心療内科

札幌ことにメンタルクリニック

おうち時間の過ごし方(外出自粛下での日常生活の楽しみ方)

公認心理師、臨床心理士、副事務長の春名です。

全国で緊急事態宣言が解除となりましたが、北海道では一部限定的な解除という発表がなされ、もうしばらくの外出自粛や休業要請が実施されるそうです。

以前、似たようなテーマになりますが、気分転換のにコツについてブログでも書きました。最近はテレビでもリモートでの演出が増え、芸能人のおうち時間の過ごし方が紹介されているところを目にすることが増えました。外出自粛下での日常生活の楽しみ方についてお話したいと思います。

私事ではありますが、最近のおうち時間の過ごし方として、室内で運動を再開しました。2年ほど前に、自転車の運動器具を購入し、数か月間使用していたのですが、いつの間にか、納戸の片隅に置かれたままになっておりました。

外出自粛が継続していることと、納戸の整理を兼ねて、先日、とうとう運動器具を出し、再開し始めたところです。1日10㎞をこぐんですが、おそよ20分から30分程度の運動になります。動画を見たり、漫画を読んだりしながら、こぐんのですが、汗もそこそこ出ます。お風呂の前に、運動するのが、最近のおうち時間の過ごし方の一つになっております。

北海道では、自粛要請がもう少し継続することとなりました。もうしばらく辛抱となりました。みなさんも良いおうち時間の過ごし方を見つけて、残りの自粛期間を乗り越えていきましょう。

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

感染症対策に、いつもご協力いただいてありがとうございます

公認心理師、臨床心理士、副事務長の春名です。

院長からブログにおいて、たびたびご連絡させていただいておりますが、札幌ことにメンタルクリニックでは現在感染対策として各種の取り組みを行っております。いつもご協力いただいてありがとうございます。診察室をはじめ、飛沫感染対策として受付や会計にはアクリルボードを設置しております。さらにフェイスシールドを装着して対応させていただく場合もございます。

職員は常時マスクを着用しているほか、定期的にクリニック内のアルコール・次亜塩素酸での除菌・清掃および換気を行っております。そのため、時にクリニック内が寒いと感じられる場合があるかもしれません。ご理解、ご協力をお願い申し上げます。

また、現在待合室(ロビー)でお待ちいただける人数を7名とさせていただき、座席の調整もしております。廊下でもお待ちいただけるよう準備いたしております。混雑を少しでも緩和できるよう、ご予約いただいたお時間にご来院いただくようお願い申し上げます。

第2波が訪れている札幌ですが、少しずつ新規感染者の数が減少していることは本当に喜ばしいことだと思います。

ここで気を抜くことなく、クリニックにおいても感染対策を続けてまいります。皆様のご理解、ご協力を今後ともよろしくお願い申し上げます。

札幌 西区 琴似

札幌 心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

心理師が増員されました (カウンセリング枠が増えます)

公認心理師、臨床心理士、副事務長の春名です。

院長より、ブログでの報告がございましたが、令和2年5月13日より、心理師が1名増員となりました。Q&Aの訂正も行いましたが、これまで当クリニックでの心理療法は男性心理師のみでしたが、今月から女性心理師による心理療法、心理検査も行えるようになりました。ご相談の内容によっては、男性よりも女性のほうが話しやすいという患者様もたくさんいらっしゃるかと思います。そのようなお声にも対応できるように女性心理師によるカウンセリングも開始する運びとなりました。

心理療法や心理検査は、医師の判断により行われるため、ご希望されるすべての方に行えるというわけではありませんので、まずは医師とご相談いただくようお願いします。

また、女性心理師の勤務は水曜のみとなっております。そのため、カウンセリングを受けられる曜日が限定されます。水曜は午前中のみの診療であるため、女性心理師のカウンセリングをご希望される場合は、受診日を水曜日としていただく必要があります。

いくつかの制限はございますが、今後も患者様の治療の一助として心理療法や心理検査を行ってまいります。よろしくお願いいたします。

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

 

気分転換の方法(緊急事態宣言でのステイホームもできる)

公認心理師、臨床心理士、副事務長の春名です。

少しずつ新規感染者が減少しているようですが、外出自粛の要請が継続しており、休校の延期など、まだまだ普段の日常とは異なる日々が続いております。病状に関わらず、ストレスが溜まってしまう人もたくさんいらっしゃるかと思います。

心理療法の業務内でも、気分転換はたびたび話題に上がる内容の一つです。気分転換は一般的な名称ですが、心理療法においても様々な呼び名で、気分転換の方法について取り上げます。

目的としては大きくは嫌な気分の軽減と言ってよいでしょう。嫌な気分がなくなるわけではありませんが、やわらいだり、一時でも嫌な気分や考えから離れられる時間を作ることができると、気分転換は成功と言えます。

 

何がよいかとの質問を時に受けますが、実はこれなら間違いないという手段があるわけではありません。その方その方にとって、良い気分転換になる手段は異なります。私の場合は漫画読むことは気分転換の一つですが、すべての人に当てはまるわけではありません。音楽のほうが良い人もいれば、体を動かすほうが良い人もいるでしょう。

 

また、必ずしも同じ手段が同じ結果をもたらしてくれるとも限りません。私自身も、時には漫画を手に取ってみても、あまり気分転換にならない場合もあります。読みたいと思う漫画が家にないという場合もあります。

 

気分転換の方法を考えるときのポイントは複数の手段を思いついておくことです。複数の手段があれば、何か一つ取り組んで、気分転換ができなくとも、次の手段に取り組むということができます。そうしているうちに、いつの間にか気分も変わるという体験も十分に起こりえます。

 

役に立ちそうにもない手段でも、レパートリーの一つしてストックしておくと、時に助けになることもあるでしょう。たくさんの手段を思いついておくことがお勧めです。

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

 

札幌にも、いよいよ春の陽気がやってきました(*^^*)

公認心理師、臨床心理士、副事務長の春名です。

世の中では、昨日よりゴールデンウィークがスタートしております。今年は例年とは異なり、帰省や旅行といった移動については自粛が要請され、「ステイ・ホーム」が合言葉の連休ですね。いつもとは異なる連休に戸惑っておられる方もいらっしゃるかもしれません。

 

そして、本日はとても暖かい陽気ですね。通勤途中では桜が咲いているところも見かけました。春の訪れを感じます。せっかくの暖かさも、外出自粛によって存分に満喫することは難しいですが、3密を避けて、マスクを着用し、少しだけお散歩に出かけるなどしたいものです。

 

当クリニックは5月2日から6日までが休診となります。7日より通常診療となります。

また、本日よりロビーでお待ちいただく人数にも制限をかけることにいたしました。お時間まで廊下やお車などロビー以外でお待ちいただくことをお願いする場合がございます。何卒、ご理解、ご協力をお願いします。

 

一刻も早く、いつもの生活に戻れることを私自身も願っております。

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

 

札幌ことにメンタルクリニックは、新たに感染対策を講じました。

公認心理師、臨床心理士、副事務長の春名です。

 

これまでもクリニック内の換気や除菌・コロナウイルス対策を継続してきましたが、緊急事態宣言および市内での感染増加に当たり、新たな感染対策を講じさせていただきます。

 

まず、待合室内の混雑を可能な限り緩和させるため、廊下でもお待ちいただけるように椅子を設置したしました。受付にてお申し付けいただくようにお願いします。また、混雑回避のため、できるだけご予約のお時間にお越しいただくようにお願いします。ご予約をいただいていない場合、可能な限り事前にお電話でご予約いただくよう、ご協力をお願いします。

 

次に、診察室および受付、会計の窓口にビニールとアクリル板を設置いたしました。診察では、これまでよりも圧迫感を感じられるかもしれません。また、受付や会計でのやり取りでも普段よりもご不便をおかけするかもしれませんが、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

 

女性の臨床心理士によるカウンセリングを開始いたします。

札幌ことにメンタルクリニックで、常勤の臨床心理士(公認心理師)によるカウンセリングと心理検査を開始して半年が経過しました。当初の予想以上に多くの患者様からご要望がありました

そのため更なるご要望にお答えするために、カウンセリング心理検査を、令和2年5月から拡充したしました。

また、女性患者様を中心に女性の臨床心理士(公認心理師)によるカウンセリングを受けたいという、ご要望も数多くありました。そのご要望にお答えするかたちですが、令和2年5月から毎週水曜日午前中(9:30~13:00)に、女性臨床心理士(公認心理師)によるカウンセリング新規開始いたします。当面は、毎週水曜日(午前診察日)のみ行う予定です。

そのため令和2年5月からカウンセリング・心理検査の時間が以下に変更となります。

①月曜日の午前

②水曜日の午前

③金曜日の午後

④土曜日 第2・第4週の午前

カウンセリング・心理検査を拡充する本当の目的は、今後も継続して札幌市内にて「こころの専門医」「こころの掛かりつけ医」としての役割と責任を十分に果たしたいという思いからです。

札幌 西区を中心に心療内科・精神科医として地域の皆様のメンタルヘルスの向上に更に一層、全力で貢献いたしたいと考えております。

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

 

 

 

 

新学期が始まった矢先

おはようございます。

公認心理師、臨床心理士、副事務長の春名です。

 

先日、新学期が始まったというブログを書いた矢先ですが、本日より市内の学校の休校が再開されてしまいました。子供たちも休みがうれしい反面、友達と会えない、遊べないということは残念なようです。ウイルスの影響を考えれば致し方ないこととはいえ、一日も早く収束してくれることを祈るばかりです。

当クリニックにおいても、これまでたびたびご紹介させていただいたように感染予防対策を行っているところです。手指消毒、クリニック内の消毒を行っております。また、定期的に換気を行っておりますので、時に室温が肌寒く感じられることがあるかもしれません。何卒、ご理解とご協力のほどお願いします。

晴天でもまだまだ、気温が低い今日この頃ですので、皆様もお体ご自愛ください。

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

 

新学期がスタートしましたね

公認心理師・臨床心理士・副事務長の春名です。

新型ウィルスの影響で、7都道府県には緊急事態宣言が出されておりますが、札幌市では今週から新学期がスタートしましたね。学校の再開に関しては賛否両論あるようですが、ひとまず我が子も新しい学年となり、クラス替えもあったため、まだまだ戸惑いの中ようですが、元気に登校しております。

今年は休校をはさんだせいか、例年に比べて新学期への準備をさぼってしまい、授業が始まっても国語のノートがない状態になっておりました。学年が変わると用意するノートの規格も異なる場合がありますので、きちんと準備をしておかなければならないのですが・・・。

そこで水曜日、子どもたちとともにノートを買いに行き、その他セロハンテープやコンパスなど不足したものの購入を済ませてきました。新しい教科書に、新しいノートではりきって勉強をしてもらえるとよいのですが、親に似て、ゲームや漫画が好きな小学生のため、中々打ち込んでいる様子を目にすることはない日々です。

少しでも早く、新型ウィルスの影響が収束し、日々の生活に戻れることを祈っている毎日です。

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック