考え方を変えることはできるのだろうか?

札幌ことにメンタルクリニックの公認心理師、臨床心理士、副事務長の春名です。

今回はタイトルにもあるように「考え方を変えられるかどうか」ということについて、少し書いてみたいと思います。

考え方を変えたいというご相談は多く寄せられるものの一つと言ってよいと思います。誰かに相談すると、「そう思うからだめなんだ」というようなアドバイスを受けることは多くの人が経験されているのではないかと思います。そのたびに、考え方を変えられればと思う方も少なからずいるでしょう。

賛否両論あるかとは思いますが、私はいつも考え方を変えるのではなく、考えの幅を広げることを推奨してきました。私達が、物事をどう考えるか、どう感じるかにはやはりその方々の傾向というものがあると思っています。それはときに性格と呼ばれたり、個性と呼ばれたりするものを含みます。そして、これは私達の生活に良い結果をもたらしてくれるものもたくさんあります。

性格や個性というものはそうそう変えられるものとは思えません。なので、あることをまずこう思うという部分については、おそらく変化が起こしにくいと考えられます。しかし、私達がより生活で困ってしまうのは、ある考えがまず浮かぶことよりも、そうとしか思えない状態に陥ってしまい、それ以外の考えを思いつけない状態になってしまうことであったりします。

そこで、カウンセリングでは、いろいろな考えを思いつけるようになるトレーニングを行ったり、一面だけみるのではなく多面的にみるという発想を持っておくといった方法を推奨しています。

よく利用する方法の一つにブレーンストーミングと呼ばれるものがあります。これはとにかくたくさんのアイデアを自由に思いつくということに取り組みます。初めはなかなか思いつけない方でも、繰り返していると段々と思いつけるようになっていきます。

他には、アニメのキャラクターを利用して、そのキャラクターならどう思うか想像してみるといった方法もあります。

基本的には認知行動療法の発想をもとにした方法ですが、いろいろな考えを思いつけることは思考を柔軟にし、ストレスへの対処力の向上にも繋がります。

なので、考え方を変えるという取り組みよりも、考え方の幅を広げるという取り組みを推奨しています。幅が広がってくると、ときに考え方が変わったと感じられる瞬間も訪れるかもしれません。

気がつけば9月も半分が終わりました。本日は朝寒く、現在は比較的日差しが強く暑く感じるようなお天気ですね。そして、風がとても強い日です。時々ですが、カウンセリングや心理療法、心理検査についてわかりやすく、ご説明していきたいと思います。

札幌 西区 琴似

カウンセリング 心理療法

精神科 心療内科

札幌ことにメンタルクリニック

本日より通常診療を行っております

公認心理師、臨床心理士、副事務長の春名です。

 

14日(金)から16日(日)まで、当クリニックもお盆休みをいただいておりました。

本日、17日(月)より通常診療を行っております。

 

院長のブログでもご報告させていただきましたように、時にお待ちいただく時間が長くなり、ご予約いただいたお時間に診察にご案内できない日もございます。

できる限り、お待せすることがないように、予約の調整等、事務一同努力させていただいておりますが、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

 

以前は、お盆をすぎると北海道では暑さも和らぐことが一般的であったように思いますが、本日も大変気温が高く、まだまだ夏の暑さですね。日本中が記録的な暑さにみまわれているようです。北海道の暑さもまだ続くようですね。

寝苦しい夜が続きそうですが、皆様もお体ご自愛ください。

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

 

当クリニックにおける心理検査について。

当クリニックでは現在、2名の公認心理師・臨床心理士によるカウンセリングを行っております。それ以外に、心理検査も患者様からご希望があれば適時行っております。

今までに、「うっかりミスが多い」「いくら注意していても、つい忘れ物や約束・提出物を忘れてしまう」「コミュニケーションが苦手」「得意なことと不得意なことに差が大きい」「他の人と比べて自分は根本的に何かが違う」等と考えておられる方は、広汎性発達障害(PDD:pervasive developmental disorders)の可能性があります。

長い間、理由がはっきりせず、自分への違和感・異質感を感じておられる方は、心理検査を受けてみるのも一つの方法だと思います。

広汎性発達障害(PDD)の一部である注意欠陥多動障害’(ADHD)に関しては、日本国内でも治療薬があります。個人差もありますが、一定の効果が期待できます。

それでは、本日も暑くて晴天でした^^

明日からは、すこし涼しくなりそうです。

札幌 西区 琴似

精神科 心療内科

札幌ことにメンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫

 

夏の暑さが到来したようです

公認心理師・臨床心理士(カウンセラー)、副事務長の春名です。

 

先程、休憩中にお散歩のため外出してみると、とても強い日差しで、外が大変暑く驚きました。本日から気温が上昇するとの天気予報でしたが、全くその通りの暑さですね。

 

この夏は新型ウイルスの影響もあり、夏場でもマスクが必需品となっております。最近では通気性の良いタイプのものも販売されていますね。試しに、一度着用してみましたが、通気性が良い分、眼鏡が曇りやすく、使用し続けるには個人的に難ありでした。

 

マスク以外にも、ハンディタイプの扇風機や首からかける扇風機など、この夏は今まであまりお目にかかったことのない、暑さ対策グッズを見かけます。いろいろな手段で夏の暑さを乗り切ることができると良いのですね。

 

寝苦しい夜も増え、体調管理が難しいこともあるかしれません。みなさんもお身体に気をつけて、夏の暑さをしのいでいきましょう。

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科 カウンセリング

札幌ことにメンタルクリニック

カウンセリングの曜日変更のお知らせ

公認心理師・臨床心理士(カウンセラー)、副事務長の春名です。

 

タイトルにあります通り、カウンセリングを実施する曜日の変更についてお知らせさせていただきます。

現在、毎週月曜日の午前とさせていただきましたが、8月11日より火曜日に変更とさせていただきます。すでにご予約いただいている方につきましては、今後随時火曜日に日程を調整させていただきます。

 

2020年8月11日より、当クリニックでカウンセリングを行っている日程は下記のように変更になります。

 

〇 毎週火曜午前、金曜午後、第2・4土曜日(午前診療日となります)

・・・男性心理師

〇 毎週水曜(午前診療日となります)

・・・女性心理師

 

なお、カウンセリングにつきましては、医師の判断のもと行われます。カウンセリングをご希望の場合は、まずは医師とご相談いただくようお願いします。

 

急な曜日変更のため、ご不便をおかけすることもあるかもしれませんが、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

今後も多くの患者様に、カウンセリングと心理検査を公平にご提供していきたいと思います。

 

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

 

 

当クリニックは発達障害の診断・治療のご相談をお受けしています

公認心理師・臨床心理士(カウンセラー)、副事務長の春名です。

タイトルに示しました通り、当クリニックでは、発達障害に関する診断のご相談もお引き受けしております。

およそ10年程になるかと思いますが、一般的にも発達障害というものが知られるようになりました。

一般に発達障害とは、自閉スペクトラム症とADHD を指して用いらる場合が現在では多いです。

自閉スペクトラム症は、ASD と略して表記されることもあります。数年前はアスペルガー症候群と呼ばれていました。アメリカ精神医学界が示す診断基準の改訂に伴い、アスペルガー症候群といくつかの障害が統合され、自閉スペクトラム症という名称になりました。

自閉スペクトラム症はコミュニケーションの困難さとこだわりや想像力の困難の大きく2つの特徴からなっています。

他者への興味が乏しいことや言葉でのやり取り以外、例えば表情から相手の気持ちを推し量るなど、総合的なコミュニケーションが困難という特徴があります。人と話すことが単に苦手、緊張するとは少し異なります。

もう1つは、こだわりが強いことや同じやり方に固執してしまうなどの特徴があります。

最近では、自身が発達障害なのではないかと悩まれている方が増えているようです。数年前から、自身が発達障害であるかどうか診断してもらいたいという相談が精神科で増え始めました。

このようなニーズに対して当クリニックでは、特徴を評価する心理検査と心理師による問診によって発達障害の可能性を評価し、医師が総合的に診断を行っております。

診察にて評価を行うかどうかご相談いただき、後日に検査と問診を行います。問診は完全予約制とさせて頂いております。

問診から一週間で診断をお伝えできるようにしております。

もし、お悩みの場合は一度、医師にご相談ください。

札幌 西区 琴似

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科 カウンセリング

 

 

当クリニックのカウンセリング

公認心理師、臨床心理士、副事務長の春名です。

 

これまでも度々ご案内しておりますが、当クリニックでのカウンセリングについて再度ご紹介いたします。

当クリニックでは公認心理師によるカウンセリングも行っております。

カウンセリングというと、一般的には心理師が行うものを想像されがちですが、医師の診察も対話により進んでいくものであり、カウンセリングと同義です。ただ、医師の場合は精神療法と総称されることが多いです。

心理師によるカウンセリングについては、基本的に医師が治療上の必要性や効果を吟味した上で、治療法の手段として採用されるものになります。そのため、医師の指示のもと行われるものであり、希望される全ての患者様に提供できるものではありません。

現在、当クリニックでは男性の心理師が月曜午前、金曜午後、第2・4土曜午前、女性心理師が水曜午前にカウンセリングを担当しております。

週に1回、1回は30分という枠組みで提供させていただいております。完全予約制をとっていますので、ご予約のいただいてない日に行うことは難しい場合がほとんどです。

患者様の症状や困りごとについて、お話を伺いながら、その解決やセルフコントロールをはかり、生活をよくしていくお手伝いをさせていただきます。

 

そのほか、当クリニックでは発達障害の診断の補助となる検査や問診も心理師が行っております。自閉スペクトラム症(ASD)やADHDについて評価、診断のお手伝いをさせていただいております。このようなお悩みの場合にも、一度受診をご検討ください。

札幌 西区 琴似 二十四軒

精神科 心療内科

札幌ことにメンタルクリニック

 

 

気分を変えてくれるフレーズ

公認心理師・臨床心理士(カウンセラー)兼務、副事務長の春名です。

 

休日は漫画を読んで過ごすことが、ストレス発散の一環で、昔から漫画は大好きです。

最近では、鬼退治の漫画が大人気になり、注目を集めてます。私も読者の一人です。

漫画はストーリーや絵、必殺技など楽しみ方は色々ですが、今回は漫画に登場するフレーズについて取り上げたいと思います。

私は心理師が本業で、これまでにもたびたび心理療法についてブログでとりあげてきました。

心理療法の一つに思考の調整をはかり気分のコントロールを目指すという方法があります。

私たちはその時々に、どう考えるかでその後の気分が強く影響されます。考えるとは、その多くが言葉です。つまり、何らかのフレーズの形をとります。頭の中でつぶやく感じです。

心理療法では、様々なアイデアを自由に思い付くトレーニングから、最終的には思い付いたフレーズで、その後の気分をコントロールしていきます。

全て自分のオリジナルである必要はなく、誰かのフレーズを参考にすることも上手いやり方の一つです。

なので、漫画に登場するフレーズが私たちの気分をコントロールすることに役立つこともたくさんあります。

私が好きなフレーズは3つです。

・諦めたら、そこで試合終了だよ。

・人の歩みを止めるのは絶望ではなく諦め。人の歩みを進めるのは希望ではなく意志。

・価値は与えらるものではなく、磨くものですよ。

全て漫画に出てきたフレーズで、今でも私の気分を変えることに役立っています。

皆さんも自分の気分を変えるきっかけになってくれるフレーズ集めをしてみることをお勧めします。もちろん漫画以外でもOKです。

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

 

発達障害の一種に分類されるADHDについて最近学んだ話題

公認心理師、カウンセラー、副事務長の春名です。

電車通勤になり、移動中に書籍を読む時間ができました。今日は最近読んで学んだ内容をご紹介しようと思います、

タイトルにもありますが、ADHDについてです。

ADHD とは注意欠如、多動症と呼ばれるもので、この10年前後で、日本でも広く知られるようになったのではないかと思います。特に成人以降、大人のADHD といったネーミングを耳にすることが増えました。

基本的に先天的な発達障害の一種と考えられていますが、最近の研究の結果では疑問が投げかけられているようです。

例えば、大規模な人数を対象に幼少の時点でADHD の有無を評価します。その人たちが大人になったとき、またADHD の有無を調べます。

すると、幼少の時にADHDと診断された人の何割かは大人ではADHD と診断されなかったという結果がでたそうです。同時に大人の時点でADHDと診断された人の多くは幼少の頃にはADHD とされていなかったそうです。

 

他にも、遺伝的にリスクが高いかどうかよりも、育てる人がADHDの特徴を持っていて、そのような環境で育った人の方がADHDと診断される可能性を示す研究結果もあるようです。

 

このように、先天的な障害とは言い切れない研究報告も増えているようです。

まだまだ、研究途上であり、結論は出ていませんが、新しい知識にはこまめに触れていなければいけないなと、改めて感じました。

札幌 西区 琴似

札幌ことにメンタルクリニック

心療内科 精神科 カウンセリング

外はとても暑いです。 

公認心理師、臨床心理士、副事務長の春名です。

本日はとても天気も良く、気温も高い日になりました。お昼休みは、当クリニック近隣を少しお散歩してくることが日課なのですが、本日はとても暑く、少しの時間を歩いただけで、少し汗が出てくるようなお天気ですね。

天気予報では、明日はさらに気温が高くなるとも言われております。

急に暑くなっておりますので、皆さんも体調にはくれぐれもお気をつけください。今年は猛暑になるとの話も出ております。

また、最近では夏場の外出時のマスク着用についても、熱中症のリスクから注意喚起がなされております。日に日に気温も上がり、夏が近づいてきていますね。こまめに水分補給をするなど、熱中症の対策も行いましょう。

暑い季節になると、もう一つ寝苦しい夜の問題が生じてきますね。以前、受けた研修にて興味深い研究結果の報告がありました。睡眠を促す一つに、深部体温の低下というものがあります。身体の中の方の温度が下がることが睡眠の開始には必要なのです。深部体温が高いままでは私たちは寝付くことが難しいということです。

とある研究で、寝る際にアイスノンなどを首の下に敷いて寝ると、首の後ろの血管の血流を通して、深部体温を低下させることに有益という報告がありました。深部体温の低下に加え、寝苦しさの緩和にも役立つかもしれません。

みなさんもぜひ試してみてください。外はとても暑いです。

P.S.外はとても暑いですが、コロナに振り回されて楽しめなかった春は諦めて、北国の夏を楽しみましょう。

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック