札幌ことにメンタルクリニック(旧:前田神経クリニック)

コンセプト

診療案内

医師紹介

ギャラリー

札幌ことにメンタルクリニック(旧:前田神経クリニック)

私たちの思い

診療案内

医師紹介

ギャラリー

よくあるご質問

よくある質問をまとめました。気になる質問をクリックして御覧ください。
自立支援医療制度があります。当院でも利用可能です。
もちろん、受診可能です。予約時に生活保護受給中であることをお知らせ下さい。 また、保護課担当者にも当クリニックを受診する旨お伝えしてください。

新患 3割負担の方1,500円から2,000円程度
再診 3割負担の方1,500円程度
3割負担の方(20歳未満の方で、初診から1年以内の場合)
2,500円程度となります。
また、血液検査等の検査を試行した場合は別途検査代金がかかります。
お薬は院外処方のため薬局で別途お薬代金がかかります。

健康保険証を使った場合、病名などの医療機関での診療情報は保険組合(保険証に必ず記載されています)に医療機関の作成する診療報酬明細書への記載事項として伝わります。
しかし、当クリニックでは、通院されていることを含め、個人情報をご本人の同意なしに会社や他者に開示することはありません。
保険組合からご勤務先への医療情報開示に関しては、ご勤務先と保険組合との間で様々な規定があるかと思いますので、ご勤務先または保険組合に直接お問い合わせ下さい。
なお、保険を使わず自費受診される場合は、保険組合に知られることは勿論ありません。

初診の方は、初回のみ電話予約とさせて頂いております。再診の方は、予約制ではありませんが、予約いただいた方を優先して順に診療を行っております。もちろん、再診の方であれば、予約がない場合であっても診療いたします。

①心療内科は、精神的・心理的な要因が原因で心のバランスが崩れて身体に様々な症状が現れる疾患に対する治療が、心身の両方からプアプローチが必要になる科です。例えば、胃痛や頭痛、下痢や嘔吐、動悸・息切れ、円形脱毛症、ストレス性高血圧症等の症状が挙げられます。

②精神科は身体の症状が強くなくても「こころ=精神」に変調が現れる疾患に対して治療を行う科です。例えば、不安・抑うつ・躁状態・不眠・イライラ・幻覚・幻聴・妄想などの症状や病気が挙げられます。

③結論から言えば、神経科=精神科です。以前は世間体を憚る傾向が強かったために、あえて「神経科」と言われていた時代がありました。実質は神経科=精神科と理解していただいても大きな問題はないかと思います。

④神経内科は、あくまで内科です。主な対象疾患は、脳卒中(脳梗塞 脳出血 クモ膜下出血等)、パーキンソン病、多発性硬化症、ALS(筋委縮性硬化症)等の専門科です。それゆえ「こころ」「メンタル」のフォローはほぼ期待できません。

上記疾患は症状や程度によって、はっきりと区別できることが難しいのが実情です。当院は、精神科・心療内科のどちらにも精通しておりますのでご安心ください。心身両面に関して、しっかりと、ご相談いただけます。 まずはお気軽にご相談ください。

基本的に問題ございません。初診患者様の当日予約・当日受診は積極的にお受けしております。まずは、011‐615-5562までお気軽にお電話でご相談ください。先着順でお受けいたしております。
多くの方が受診できるように、可能な限り体制を整えておりますが、混雑状況によっては、まれに日時調整をお願いする場合もございます。その節は、何卒ご了承ください。

初診は原則として、30分以上かけて丁寧にお話を伺っております。お急ぎの方もおられるかと思いますが、そのくらい時間をお取りしないと、しっかりした診察ができないためです。

初診の際に、不安や緊張される方もおられますが、時間をしっかりとお取りしておりますので焦らず、ゆっくりとお悩みをご相談ください。初診予約を入れられた患者様でも、多少お待たせすることが、時々あるかも知れません。ご了承ください。

初診時に、お持ちいただきたいものは、以下になります。
  1. 保険証
  2. お薬手帳(お持ちの方のみ)
  3. 紹介状(お持ちの方のみ なくても問題ありません)
  4. 精神障害手帳(お持ちの方のみ)
  5. 自立支援受給者証(医療機関を当クリニックに変更済の受給者証 お持ちの方のみ)

当クリニックは、外来診察を専門におこなっております。そのため申し訳ありませんが、入院をお受けすることは出来ません。しかし、当クリニックと連携している病院は多数ありますので、もし病状が悪化された患者様で、入院が必要な場合には適切に、ご紹介することは可能です。
札幌市内の西区を中心に、札幌市のほとんど全ての区、そして道内の市町村の主要病院と連携も可能です。もし、必要がございましたら、ご遠慮なくお申し付けください。

当クリニックは外来専門ですが、可能な限り、なるべく患者様が入院をしなくても済むように誠心誠意、貢献いたします。

それでも万が一、どうしても入院治療が必要と判断される場合には、可能な限りお手伝いをいたします。

当クリニックは精神科専門医の資格を持つ医師が診察を行っております。職場との連携を取りながら安心して治療に専念していただけます。

札幌ことにメンタルクリニックは令和元年10月から常勤の公認心理師(臨床心理士)による、カウンセリング・心理療法・心理検査を開始いたしております。
医師の診察により、カウンセリング・心理療法・心理検査が必要と判断された場合に、お受けいただくことが可能となります。

適応ではないと判断された場合は、一般的な治療をお勧めする場合もあります。そのような可能性があることも事前にご了承ください。

あります。当クリニックが契約している駐車場は、合計で20台以上の駐車スペースがあります。受付時に駐車証明書をお持ちの場合のみ、最大1時間までの無料駐車券をお渡しいたします。

可能です。 ただし必ずご本人の診察を受けていただく必要があります。診察の結果、問題が認められなければ、診断書を作成いたします。

全くご心配いりません。当クリニックは、地下鉄東西線 琴似駅3番出口から徒歩1分と利便性が非常に良い立地にあります。

冬季もロードヒーティングが入っている琴似大通に面していますので、雪や凍結の心配も少なく非常に安心して通院していただくことが可能です。  

なお、地下鉄琴似駅の3番出口には車イスが十分に入れる広さのエレベーターがありますので、車イスで通院の方も年間通じて安心して通院いただけます。

当クリニックのビルの入口に1段だけ段差がありますが、事前にご連絡頂けると、スタッフがあらかじめ車椅子用のスロープをクリニックの入り口にて準備します。またお越しの際には、しっかりとお手伝いしますので、ご安心ください。

当クリニックの医師は、日本認知症学会専門医・指導医および日本精神神経学会専門医・指導医をさせていただいております。もの忘れ・認知症医療への長年の臨床経験があります。お困りの際には、どんな些細な事でも構いませんので、ご相談ください。診察・検査・診断・治療ともに専門医がおこないます。

はい。もちろん可能です。番号札をお渡ししますので、診察開始からお会計や次のご予約まで、全て匿名にて完了することが可能です。

大人の「発達障害・ADHD」かも知れないとお悩みの方のご相談も非常に多く承っております。

医師との診察の後に、公認心理師(臨床心理士)による心理検査をお受けいただくことも可能です。薬物療法が有効な場合には、率直にご提案いたします。まず、お気軽にご相談ください。

Scroll Up