大学入学共通テストが行われますね

公認心理師、臨床心理士、副事務長の春名です。

連日の大雪に皆様も大変ご苦労されているでしょう。道路の渋滞のひどく、中々クリニックにたどり着くことができなかったというお話を耳にすることが連日続いております。

そんな中、本日から大学入学共通テストが始まりますね。受験生の皆さんは天候も含めて様々な不安や緊張の中、試験に臨んでいらっしゃるでしょう。試験の緊張だけでも相当であるのに、この天候や新型コロナの感染状況などさらに悩みが増えてしまう状況に、想像するだけでも相当な緊張感であろうと思います。

心理学では有名な話題ですが、私達が自分の持っている最大限のパフォーマンスを発揮するには適度な緊張が必要と言われています。緊張がなさすぎても、しすぎても、パフォーマンスの低下を引き起こしてしまいます。天候や感染状況などの緊張感がパフォーマンスを上げることにプラスには働きにくいですが、試験会場で感じる適度な緊張感は受験生が蓄えてきた力を十分に発揮することに役立ってくれると思います。

加えて、私達はその時々に思うことがその後の感情や気分に大きく影響します。例えば不安は将来に自分にとって嫌なことが起きるという予測によって生じます。このように、思考はその後の感情や気分に影響します。その影響を利用して、精神科医療やメンタルヘルスでは思考を調整してその後の感情・気分のコントロールを図るということを行うこともあります。

思考と感情の強い関係は双方向で起こります。つまり、「そう思ったから、緊張する・不安になる」という方向と「緊張している・不安だから、そう思ってしまう」ということもあるということです。そして、私達に共通する特徴として、思考と感情が一致していると、どうも本当にそうなりそうな気がしてくるという傾向があります。

試験に対する緊張や不安は、ついネガティブな思考を私達に想起させます。そして、その予測は当然のごとく感情・気分と一致していますので、「本当にそうなるような気がする」ということを引き起こします。

この先の試験にどんなことが起きるか、それは予言できるものではありません。「きっと大丈夫」「自分はできる」など、自分自身へのポジティブな声かけや自分への声援も同時にしてみることがお勧めです。そう声をかけても、そうなるような気がしないのは、緊張不安という感情や気分と予測が一致していないというだけかもしれません。

受験生の皆さんのこれまでの頑張りが十分に発揮できる日になることを祈っています。

令和3年最後の診療日となりました

公認心理師、臨床心理士、副事務長の春名です。

令和3年12月もあっという間に過ぎさり、ここ数日で景色もいつもの冬景色へと一変してしまいました。気づけば、今年のクリニック診療日も最終日を迎えました。

令和3年はその多くがコロナとの戦いであったように思います。令和2年から引き続いていたことではありますが、全国的に感染者が爆発的に増え、多くの方々が苦しい思いをした時期が続きました。

当クリニックでも、アルコール消毒の徹底やソーシャルディスタンスを維持することなど、可能な限りの感染対策を取り、患者様のご協力もいただくことで、何とか苦しい時期を乗り越えることができました。この場を借りて、心より感謝申し上げます。まだまだ、予断を許さない状況は続いておりますが、来年も引き続き感染対策を徹底してまいりたいと思います。

この1年では、昨年に比べ更に多くの患者様にご来院いただけるようにもなりました。ストレスは様々ではありますが、多くの皆さんのストレスの緩和や健康的な日常生活を送ることに、当クリニックがその一助となれていることは大変嬉しく思います。

反面、この1年では以前に比べると、新規での患者様の早期の受付が難しくなっていることについては、とても心苦しいと感じております。現在もお問い合わせいただいた場合に、当日中に受診ができないということが増えつつあります。

当クリニックは「こころのかかりつけ医」でありたいと思っています。お困りの患者様の診療やご相談は、可能な限りお受けしたいという想いは開院当初から一貫して変わっておりません。しかし、一定の質を維持して提供し続けていくには際限もございます。その点は、どうかご理解いただければと思います。

現在、再診の方々の予約調整の兼ね合いから、新規患者様のご予約は翌週末までのご案内とさせていただいております。そのため、お電話をいただいても、必ずしも、早いご予約のご案内ができない場合もあります。ご不便をおかけして大変申し訳ありませんが、ご理解、ご協力をお願いします。

令和4年は4日から通常診療を開始いたします。来年も多くの皆様の健康にお役に立てるクリニックを目指して、スタッフ一同励んでいきたいと思います。来年も札幌ことにメンタルクリニックをよろしくお願いします。

現在、男性女性の2名の公認心理師(臨床心理士)カウンセリング・認知行動療法・心理検査(発達障害・認知症等)を積極的に行っております。もしお困りの方は、まず、お電話にてお問い合わせください。

 

クリニックのロゴ

札幌市 西区 琴似

心療内科 精神科

医療法人道樹会 札幌ことにメンタルクリニック

 

即行動も良いですが、時には

公認心理師、臨床心理士、副事務長の春名です。

とうとう札幌にも初雪が近づいているようです。本格的な冬が到来するのも時間の問題になってまいりました。日々の暮らしで雪に悩まされる時期がやってきてしまいます。

先日も悩みながらもタイヤ交換を済ませました。あまりにも早く交換するとタイヤがもったいない気がしてしまいますし、しかし、いつ降ってもおかしくない季節でもあり、悩みましたが、安全を優先し交換しました。

日々、大きな事、小さな事を含めて、私達はいろいろと思い悩むものです。その整理や解決へのお手伝いを心理療法ではさせていただいております。

悩んでいると、自分の出した結論が本当に妥当といえるか、わからなくなってしまうことがありますね。私もある時点までは、いつタイヤを交換するべきか、本当に今タイヤを交換するべきなのかと悩んでおりました。

このように、結論が本当に妥当といえるかどうか、判断に悩んだ時の工夫の一つとして、結論から行動に移すまでに一定の時間を設けるというものがあります。私の体験に当てはめると、交換しようと結論を出してから、実際に交換するまでに一定の時間を設けるということになります。一定の時間がたった後でも、同じ気持ちであったときに、初めて行動に移すというやり方です。

一定の時間に特に決まりはありませんが、1日や2日という時間の場合もあれば、内容によってはより長い時間を取るのも一つです。この工夫は「衝動買い」の防止にも役立ちます。
欲しいと思って商品を手にとってから、1日たっても欲しいと思ったときに、初めて購入するという方法です。こうすることで、「買っても使わなかった」を防ぐことに役立ちます。

最近にはネットショッピングなど、購入しに行く手間がほとんどなく買い物ができてしまいます。買いに行く手間を考えても、それでもほしいというものは「買っても使わない」という結果になる可能性は低いでしょう。しかし、その手間がなく、クリックのみで購入できるので、ネットショッピングなどでは2日以上は時間をあけておくとより効果的かもしれません。

時にはこのような工夫が生活に役立つこともあるのではないかと思います。参考になれば幸いです。

 

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

医療法人 道樹会 札幌ことにメンタルクリニック

クリニックのロゴ