札幌近郊の癒しの場所♪

札幌は、非常に素晴らしい住環境だと思います^^

札幌市は、ほぼ200万人の大都市(日本で5番目の大都市)ですが、車や電車などで30分も走れば牧歌的な、まさに北海道という風景が見られます^^

私は札幌駅や大通りでショッピングして、ススキノで飲食をすることも嫌いではありませんが、ここのところ3か月近く、中央区に足を運ぶことが無くなりました^^;;

最近、休日は札幌市外の近郊でアウトドアなどを楽しむようにしております。

おススメの穴場としては札幌近郊の、石狩市 江別市 南幌町 砂川市 滝川市 長沼町 栗山町等です^^

人口密度も適切に少なくて、濃厚接触する心配は、ほとんどありませんので、安心してリフレッシュできます(*^^*)

また、混んでいない秘湯温泉も結構ありますので、是非、ご自身でお探しくださいませ^^

それでは明日も、焦らずに自分のペースで、それぞれの役割を行っていただきたいと思います^^

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫

 

 

 

 

 

 

 

 

院長の独り言 part⑫ 地域へのご貢献

10月に入ってから、急に冷えてきました。

最近の札幌は、残暑が長いのでしょうか^^;数日前は暑かったですね。

私は地下鉄通勤してますが、車内の皆さんの服装を見るたびに、季節を感じております^^ 寒暖差が大きくなってきましたので、風邪などにご注意ください。

ところで、札幌ことにメンタルクリニックに令和元年10月1日から常勤の公認心理師(臨床心理士)が来てくれました。

カウンセリングや心理検査も少しづつ始めてもらうつもりですが、どこの職場でも同様に、まずは職場に馴染んでもらうことが何より大切だと院長(管理者)として思っております。

そのため徐々に、カウンセリング時間を拡大させていただくつもりです。もうしばらくお待ちくださいませ^^

当クリニックは、まだまだ未熟で皆様にご迷惑をお掛けすることも多々あると思いますが、常に改善努力を怠らず、札幌市(西区)を中心として心療内科・精神医療領域にて地域貢献できるように、確実に診療体制を改善・強化していきたいと考えております。

P.S ではでは、行楽シーズンとなりましたので、秋を楽しんで下さいませ(*^^*)

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫

 

 

 

 

 

雑談です♪ 37 ハロウィンです^^

令和になってから、既に5か月が経過しました^^

昭和生まれの私にとっては、本当に遠くなりました(*ノωノ)

最近ではハロウィンが日本でも、すっかり定着してきました^^

10年前くらいから、ハロウィンは賑やかなイベントになってきました。

私個人としては、楽しいイベントが増えることは、とても良いことだと思っています^^

賛否両論あるかと思いますが、個人的な見解になりますが、少しでも皆様が楽しめるイベントが増えることには大賛成です。しかしながら他者に迷惑を掛けてしまうなどのマナー違反は、謹んで頂きたいと思っております。

10月31日がハロウィンですね。

ショッピングセンターに行っても、ハロウィングッズで一色です^^;

秋も深まってきましたので、いよいよ秋の行楽シーズンとなります。日ごろのストレスを存分に発散してください(*^^*)

週明けの月曜日は、何かと気が重い方もおられると思いますが、ご自身の心身のペースを崩されないように、「からだ」と「こころ」のケアをお忘れなく、お過ごしくださいませ(*^^*)

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫

 

 

Q&A 37回目 動悸がして困ります。どうしたらいいですか?

Q:嫌なことを考えると動悸が止まりません。生活にも支障が出てきて、本当に困っています。どうしたらいいでしょうか?

                第37回目

 

A:動悸には、身体的な問題が原因となる場合と精神的な問題が原因となる場合があります。まず、重要なことは、身体的な問題がないのか、しっかりと検査をしてみることです。

(1)動悸をきたす代表的な身体疾患に、不整脈 甲状腺機能異常 貧血 低血糖症などが挙げられます。お近くの医療機関で検査を受けて、そのような身体疾患の有無を確認してみてください。もし該当する身体疾患があれば、その治療を行ってください^^

(2)もし、検査して異常がない場合には、精神的な問題が原因だと考えられます。動悸をきたす代表的な精神疾患として、うつ病 不安障害 身体表現性障害などが挙げられます。

●そのような場合には、まず、ストレスを極力減らすように、自分なりの気分転換を行ったり、規則正しい生活に心がけてください(*^^*)

●また、カフェイン(コーヒー 紅茶 お茶 栄養ドリンク)やアルコールの過剰摂取は症状を悪化させますので控えましょう^^;

●それでも、改善しない場合には、お近くの心療内科・精神科医を受診されるのも一つの方法だと思います。

現代はストレス社会なので、ご自身で気が付かない間に、心身ともに不調になっている可能性があります^^;

 

秋の気配も濃厚になってきましたね。夜間はすっかり冷え込みますので、体調管理にお気を付けください(*^^*)

 

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫

 

 

Q&A 35回目 イライラして我慢できません。何とかなりますか?

Q:最近、いろいろとストレスが溜まり、イライラすることが多く、我慢できません。感情のコントロールができなくなっています。何か方法はありますか?

A:ストレスが溜まってくるとイライラするのは、人間である以上、どうしても仕方がありません。しかし、感情のコントロールが困難となり、周囲に当たり散らしたり、自棄(ヤケ)を起こしたりするのは絶対に回避して頂きたいと思います。

周囲にも迷惑や不快な思いをさせますし、何より、周囲からの信頼を失ってしまいます(/ω\)

まず、怒りや失望の感情に流されず、自己を保つことが、とても大切だと思います。

それでも、どうしても自分自身で感情のコントロールができない場合には、まずは、身近で信頼できる方(家族・友人等)に相談に乗って貰らうのが一番だと思います。

それでも解決が難しいのであれば、心療内科・精神科医を受診されることも選択肢の一つだと思います。

 

台風や残暑もあるかと思いますが、素敵な秋を迎えてくださいませ(*^^*)

 

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫

 

 

 

雑談です♪ 34 秋風 秋の花。

西日本は台風10号の影響で、大荒れのようですが、札幌は本日、晴天でとても過ごしやすい1日となりました。

散歩をしていると、秋風と秋の花が咲き始めてますね^^

      散歩中に撮った1枚です^^

お盆休みもそろそろ、終わりとなりそうです。

本日から明後日にかけて、市内でも各地で盆祭りが開催されると思います^^

私も、本日、浴衣姿で参加してきました^^

        本日、踊ってきました(*^-^*)

明日から仕事が始まる方も多いと思います。連休明けの辛さは格別ですが、無理のないペースでお過ごしください(*^^*)

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫

 

 

雑談です♪ 33 お盆の季節となりました^^

お盆の季節となりました^^

北海道は少し涼しくなってきましたが、まだまだ暑さ対策に油断できませんね^^;

ところで、お盆というと何となく「ご先祖様が帰ってこられる期間」「お墓参りに行く時期」等思われる方も多いと思います。

もちろん、その通りですが細かい部分では日本全国、ご当地ルールがあるようです^^ ウンチクを語ると長くなりそうなので、我慢して割愛します(/ω\)

お盆の一般的な期間は、8月13日~8月16日といわれてます^^

当クリニックも8月11日~8月14日までお盆休みを頂戴させて頂きます。

親戚の方が集まる機会も多いと思いますが、ご先祖供養とともに、親族と楽しい交流ができれば更に喜ばしいですね^^

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫

 

 

暑い日が続きます^^;;

真夏真っ盛りですね。 とにかく暑いです^^;;

最近、当クリニックに来院されている患者さんも、多くの方が「夏バテ」されています(/ω\)

寝苦しい夜が続くと、どうしても不眠になります。

更に、炎天下で激しい仕事や運動をしていると熱中症になる危険性もあります。

温暖化のせいか、北海道の夏も暑くなりましたね^^

水分・塩分補給と扇風機や冷房を使って涼しい環境作りをお願いします^^

そして、十分な睡眠をとってください^^

身体が疲れると、心のバランスも崩してしまいます。

あと10日前後で、猛暑も終りそうなので、何とか乗り切りましょう^^

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

 

院長 阿部 多樹夫

 

「週刊女性」からの問い合わせの件です^^;

心療内科 精神科医として、そろそろ19年目になります。非才な自分なりに、臨床経験と知識は積極的に積んできたつもりでした。しかし、まだまだ未熟な自分を思い知らされた出来事がありました。正直に申し上げます。

数日前に「週刊女性」という週刊誌の担当の方から突然お電話があり、認知症の特集をしているので「認知症専門医」にQ&Aをお願いしたいと言われました。

私は一応、男子なので「mono max」「ビギン」「コミック乱」などは時々見てますが、まさか女性誌からの取材とは、本当に驚きました(^▽^;)

逆に言うと「週刊女性」に特集されるくらい、認知症のことでお悩みの女性層がいらっしゃるのだなと、あらためて思いました。

「週刊女性」の記者の方からの質問は、認知症患者さんの運転免許についてでした。

初めてアポなしの突然の大手週刊誌からの電話インタビューだったもので、自分でも恥ずかしいくらい焦ってしまい、質問への回答がグダグダでした(/ω\)

事前にメールなどで知らせてくれたら、もっと心の準備ができたのに・・とちょっと哀しく思いましたが、それは私の油断だと反省しました。

「認知症専門医」として、突然の質問にもアタフタせず、堂々と的確な回答をする知識と覚悟と準備が必要なのだと、あらためて思い知りました。

やはり生涯学習は大切ですね^^

今回の件で、自分の至らない点を気づかせていただく良い機会となりました。

今後も、謙虚に学ぶ姿勢を忘れないでいたいと思います^^

 

 

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神

院長 阿部 多樹夫

 

 

 

 

 

 

新クリニックに移転後のご報告とお詫び

令和元年6月3日から新クリニックに移転して、ちょうど1ヶ月が経過しました。

まずは皆様のお力添えのお陰で、無事に移転ができましたことを感謝申し上げます。

また、移転に伴い皆様に多大なご迷惑お掛けしたことも、併せてお詫び申し上げます。

紙カルテから電子カルテ化をするにあたって、全てのシステムの総入れ替えから始めました。

まず最大優先事項は、患者様に極力ご迷惑をお掛けしないことでした。そのため可能な限り入念に計画しましたが、実際始めてみると、予測不能なトラブルが少なからず発生しました(/ω\) 申し訳ありませんでした。

ひとえに、すべて私の能力不足のせいです。決して職員のせいではございません。うちの職員は本当に頑張ってくれました。全て私の能力不足ゆえです。お許し下さいm(_ _)m

この場をお借りして、院長として真摯にお詫び申し上げます。誠に申し訳ありませんでした。

しかしながら皆様のご温情のおかげで、前田神経時代から20年以上にわたる紙カルテ(アナログ)から電子データへの移行が、この1ヶ月で80~90%くらい完了しました^^

そのため、7月からは患者様に従来より素早い対応が可能になると思います。今後は、患者様の待ち時間・処方間違いが間違いなく、少なくなると思います。

ただし、私も職員も含めて人間がすることなので残念ながら、どうしても100%ミスがなくなることは、ないかと存じます。どうかその際は、何卒ご寛大な、お心でご容赦下さいm(_ _)m

至らない点はあると十分に覚悟しておりますが、お気づきの点があれば、ご遠慮なくご指摘ください。

移転と平成・令和のGW10連休明けの影響も重なり、6月初旬は正直にテンパってました。そんな折、数人の患者様から「先生 ドンマイ^^」「移転したら、こんなもんだべ 気にすんなー(*^-^*)」など、暖かい言葉をもらえたことが、すごくすごく嬉しかったです。こちらこそ本当に、ありがとうございました。すごく救われました^^

ありがたくて、本当に泣きそうになりました(/ω\) 一生忘れません^^

せめてもの恩返しに、今後も札幌市西区を中心に「こころの専門医」「こころのかかりつけ医」「認知症専門医」として地域の皆様に、最大限ご貢献したいと更なる決意をしております。

 

 

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科 認知症

院長 阿部 多樹夫