今週は、大変混雑いたします。申し訳ありません。

今週はGW(10連休)明けの4週後なので、ただでさえ混雑しております。誠に申し訳ありません。

更に移転・電子機器変更に伴い、お待ち時間が長くなるかも知れません。

そのタイミングがちょうど重なってしまい申し訳ありませんが、ご理解宜しくお願いします。

電子機器は最初のデータ入力に多少のお時間を頂戴します。一度入力すれば、次回からは以前の手書きカルテよりも格段に早くて正確な処方と受付の機能向上も可能となります。

6月、7月中旬までの1ヶ月半弱は、ご迷惑をお掛けすることも実際にあると認識し恐縮しておりますが、なにとぞ、どうか優しい眼差でお許し下さい。m(_ _)m

お願いになりますが、その間は、お早目のご予約を頂ければ大変助かります。少しでもお早いご予約を頂ければ、円滑に優先的にご案内させて頂けます。

少しでもお待時間を少なくするため、どうか早目のご予約をよろしくお願いいたします。

札幌 西区 琴似 二十四軒 八軒

院長 阿部 多樹夫

本日、開院いたしました。

本日、札幌ことにメンタルクリニックを新規開院させて頂きました。

開院初日でしたので、新規機器類に多少の不具合はありましたが、重大な誤作動や機能停止は、お陰様でありませんでしたが、全職員ともに操作にまだまだ不慣れな点がありますので、ご迷惑をお掛けしてしまった方もおられると思います。その方々には、院長として謹んでお詫びを申し上げます。

移転・開院した直後ですので、他の新規開院クリニック様と同様に、不慣れなためご迷惑をお掛けすることは多々あると思いますが、何卒、しばらくの期間はどうか温かい目でお許しください。

当クリニックは、いつでもお気軽にご相談をお受けする「こころのかかりつけ医」「こころの専門医」として皆様からの信頼いただけるように、努力し続けていきたいと考えております。

札幌 西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫

 

 

 

 

6月3日(月)から移転開院いたします。

6月3日(月)から「札幌ことにメンタルクリニック」として移転開院にともない電子機器を更新しております。これにより、当初は診察時間・会計待ち時間が長くなるなど、ご迷惑をお掛けする場合もあります。

医療サービス向上のため、今後とも努力してまいりますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

院長  阿部 多樹夫

本日をもちましてm(_ _)m

本日を持ちまして、前田神経クリニックとしての診察は、皆様のお陰を持ちまして無事に終了いたしました。

6月3日(月)からは「札幌ことにメンタルクリニック」と院名変更・移転しますが、地域の皆様に信頼されますよう、心療内科・精神科医として真摯に努力していきたいと思います。

移転・院名変更となり不安に思われる患者様もおられると思いますが、前田神経時代も含めて当クリニックに以前から通院されている患者様のカルテや診断書・情報提供書など全てしっかりと保存して引き継いでおります。

当然、個人情報保護法もしっかりと遵守しておりますので、ご安心ください^^

所轄の厚生局・保健所・区役所からも、正式に移転・開院許可を頂いておりますので、基本的には今まで何も変わりありません^^どうかご安心して受診ください。

電話番号も同じです。以前と同様に011‐615-5562までにお問い合わせください(*^^*)

札幌市 西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科・精神科

院長 阿部 多樹夫

 

 

 

 

 

 

雑談です♪ 24 新クリニックの内装工事

本日、昼休みに新クリニック(札幌ことにメンタルクリニック)の建設現場を見に行ってきました。 徐々に平面の設計図が立体となりつつあります。

新クリニックのコンセプトは、第一に患者さんがリラックスして頂ける環境と、患者さんが望まれる質の高い医療を極力お待たせしないで提供させて頂くことを最大使命と考えております。

患者さんのプライバシーにも最大限、配慮するため、間仕切り席を5席準備させて頂きました^^

車イスをご使用の方も、今後は、ご不便なく通院して頂けるようにバリアフリー化を大幅に改善しました^^

具体的には、エレベーターは、車イスが十分に入れるほど大きくなります。スムーズな乗入れが可能となります^^

また、入口正面の道路はロードヒーティングですので、冬場も足元は、とても安心です^^

そして、正面玄関に低い階段が1段ありますが、お電話いただければ、直ちにスタッフが駆けつけて、専用のバリアフリーのスロープを準備いたします^^

駐車場の数も、現在より大幅に増えます^^

地下鉄やJRだけでなく、お車でお越しの方にも、もっと利便性の良い場所となります。

あと1か月後の令和6月3日から、札幌市西区琴似一条4丁目4−20 笹川ビルに移転します。このビルは完全な医療ビルです^^ 皮膚科と内科(循環器科)も併設しておりますので、安心して受診いただけます(*^-^*)

移転先は現在のクリニックから徒歩3分程度です。非常に近いので、移転後も、ご安心くださいませ^^

札幌市 西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雑談です♪ 23 認知症学会 教育セミナー参加してきました

昨日に続き、本日は、日本認知症学会の教育セミナーに参加してきました。

6時間に及ぶセミナーでしたが、内容が興味深く、非常に勉強になりました。

2025年(あと6年後)には、認知症の患者さんの総数が国内で700万人になると予測されております。認知症予備軍もほぼ同数になると思われます。

今後、認知症に対しての取組みが、ますます重要になってくると考えられます^^

追伸

東京で、平成最後の桜(八重桜)を見ることができました^^

感動しましたので、載せてきます(*^^*)

札幌 西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫

当クリニックは、名称変更の上、移転開院することになりました。

当クリニックは

2019(令和元)年6月3日を持ちまして、名称変更し、移転開院することになりました。

 

新しいクリニックの名称は 「札幌ことにメンタルクリニック」となります。

◎移転先は、〒063-0811 北海道札幌市西区琴似1条4丁目4-20笹川ビル3階です。現在のクリニックから非常に近く、徒歩3分程度です。

2019年5月31日(金)午前中まで、前田神経クリニックとして、現在地にて、診察を行います。

 6月3日(月)からは、札幌ことにメンタルクリニックにて、診察を行います。

移転開院しましても、これまで以上に「こころの専門医」「こころのかかりつけ医」として身近な存在であり、患者様に寄り添い、スタッフ一同、親身になって誠実な診察・治療をさせて頂きます。

院長 阿部 多樹夫

雑談です♪ 18 統一選挙に行ってきました

本日、統一選挙(道知事 道議会 札幌市長 札幌市議会)に、行ってきました。

ここのところ、立候補者の方々が必死で選挙活動されておりました^^

診察中や通勤中でも、ずっと賑やかでしたね^^;

北海道と札幌市を良くしていただけそうな方に投票してきましたが、今後、その公約が、しっかりと実行されるのか、冷静に見守っていきたいと思います(*^^*)

 

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫

 

アルコール依存症における飲酒量低減薬について

ナルメフェンという薬剤が平成31年3月5日に、国内で一斉に発売される予定でしたが、厚生労働省から突然のストップがかかり、大幅にリリースが遅れてます。

一部の重度アルコール専門治療機関は、すでに使用が許されているようですが、そこでの様子を聴くと、かなり効果があるようで、徐々に酒量の減少に成功しているケースもあるようです。

発売1週間前に突然、厚生労働省からストップが入った理由は分かりませんが、減酒・節酒につながれば、予防医学の観点から、将来的な医療費抑制に十分つながると考えます。

早く患者さんに、有益な薬剤が、少しでも早く使用できるようにして頂きたいものです。

札幌 西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫

 

 

雑談です♪ 15 身体疾患の「こころ」への影響について

当クリニックの外来にて、多くの患者さんを診させていただいておりますが、なるべく定期的に、血液検査 血圧測定 神経学的検査をおこないように心掛けております。

理由として、メンタル系の症状で受診される患者さんの中には、意外と多くの身体疾患(甲状腺機能異常 肝機能障害 腎機能障害 糖尿病 脂質異常 高血圧症etc)をお持ちの方がおられます。

身体疾患をお持ちの方は、精神面にも大きな影響が出てくることが多々あります。

◎甲状腺機能異常では、甲状腺機能亢進症の場合には躁状態のような精神症状がみられます。逆に甲状腺機能低下症では、うつ状態の症状がみられる場合があります。

◎肝機能障害では、全身倦怠感 疲労感 意欲低下が出てくる場合もあります。

◎腎機能障害も同様に、著しく低下すると、全身倦怠感や疲労感が出現してきます。

◎糖尿病の方は、疲労感 全身倦怠感 喉の渇き 手足のしびれ 血糖値の変化に伴う意識障害なども出現してきます。またメンタル系の薬剤を使用する場合に、糖尿病や糖代謝異常のある方には、処方できない(禁忌)薬剤も割と多くあります。

◎脂質異常(高脂血症)や高血圧症においては、将来的に脳卒中や心筋梗塞になる危険性が非常に高くなります。そうなってしまった場合に、脳血管性うつ病や脳血管性認知症などになる可能性も高くなります。それを未然に予防することも大切です。

◎神経学的検査を行うことは、パーキンソン病をはじめとする神経疾患をなるべく初期の段階で見逃さないためにも必要です。

昔のことわざに「心技体」というものがあります^^

「こころ」「身体」が健康であって、初めて「技:仕事・社会活動・日常生活」を充実して送れるということなのだと思っております(*^-^*)

明日から4月になります。明日の元号発表が楽しみです^^

ちなみに私の予測は「敬和」です^^ ほぼ100%外れると思いますが、その時は、ごめんなさいです(/ω\)

札幌 西区 心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫