本日から、2020年8月1日となりました♪

本日も、暑かったですね^^;;

いよいよ8月になりましたので、暑いのは当然なのでしょう^^

今年はコロナの影響で、学生の方は夏休みが短くなるので、本当に可哀想に思います。コロナ休みは決して楽しいものではありませんでしたからね(/ω\)

私事で申し訳ありませんが、もう4半世紀(25年)くらい前の話になりますが、大学の夏休み中に、日本地図を片手にバックパックを背にして原付バイクに跨り、10日間くらい気が向くまま国内で旅したことがありました。

当時流行していた「すすめ電波少年」の猿岩石に影響を受けて「プランなし お金なし 行き当たりばったり」の旅に出かけました^^

途中、山中の峠で日が暮れて、バイクの燃料も少なくなり、ガソリンスタンドも全く見つからない。当時は携帯電話が出始めてましたが、私は持ってませんでした。当然、スマホなどなかったので仕方なく、道路脇にあった展望台の駐車場で、野宿しました。公衆トイレも併設されていたので、水の確保ができたのは有難かったです^^

道路から目立たない場所に陣取って、蚊帳付の寝袋に入ると疲れもあり、すぐに入眠しました。ところが夜中2時頃に何と‼( ;∀;)

危ない所でした^^;; またまた、3部作以上の長編になりそうなので、私の青春小噺は、ここで止めておきます^^;; 興味のある方は、診察時にでも聞いてください^^;

コロナのためスポーツ選手など青春を爆発・燃焼できない方々は、本当にお気の毒に思います。

早くワクチンが出来ることを願っております。

それでは、夏バテしないように皆様、良い週末をお過ごしください(*^-^*)

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫

 

 

 

 

7月も終わりが近づいてきました♪

気が付けば7月も終わりが近くなりました^^;

1年は本当にあっという間に過ぎ去ります。

私はブログを書いているので、日々の変化をupdate(更新)しないといけないという思いがあり、そのおかげで季節感を実感できているつもりです^^;;

もし忙しさを理由にブログを書かなくなったら、私自身がきっと辛くなると思っております^^;;

そのため、マイペースで申し訳ありませんが、今後もブログは続けたいと思っております(*^-^*) お付き合い下さいませ^^

今週は暑くならない予報ですが、あくまで予報ですので夏バテや熱中症の対策には万全を期してください(*^-^*)

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫

 

 

スポーツの日 今年の7月24日が少し微妙な気がします♪ 

10日後に迫っている「スポーツに日」に違和感を持っておられる方も多いかと思います。私もカレンダーを見ながら不思議に思っておりました。

調べてみると本来なら2020年7月24日が東京オリンピック(1964年から36年ぶり2回目)の開会式の予定日でしたので、そのため7月24日を「スポーツの日」として祝日にされました。

祝日を量産する訳にもいかないので、元々「体育の日」(1964年第1回東京オリンピックの開会式であった10月10日。2000年からは10月第2月曜日に変更)だったのを「スポーツの日」にスライドしたようです^^; そんなわけで今年は体育の日はありません^^;

話を元に戻しますが、残念ながら、新型コロナウイルスのせいで2020年のオリンピックが1年延期となりました。来年開催できるかどうかも正直、微妙だという意見も多くみられます。

私としては来年こそ無事に東京オリンピックが開催されて、晴れて2021年7月24日「スポーツの日」に開会式が行われることを切に願っております(*^^*)

P.S.今年のスポーツの日は、マスク着用の上、ちょこっとスポーツまたはスポーツ観戦を楽しみたいと思っております^^;;

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫

 

 

札幌も夏らしくなってきました♪ 我が家の農耕事情です^^ 

そろそろ、札幌も夏らしくなってきました。非常に小規模ですが、春先に鍬を入れ苗を植えた我が家の庭で細々と農耕を楽しんでおります^^; イチゴの収穫がそろそろ終盤になってきました。普通のイチゴ品種なので、まさに昭和の春の日に味わった独特の「甘酸っぱさ」が懐かしいです^^

最近はトマトが黄色い花を多く結んできております。あと1か月後には甘いミニトマトの果実を堪能できそうなので、本当に楽しみです^^

余談になりますが、新聞は数社を欠かさず読んでおります。しかし、ここ半年くらい驚くほどgood newsがほとんどありません。このような感覚はホントに久しぶりです(/ω\)

P.S. たとえgood newsがなくても、焦らずに自分らしく粛々と日々を過ごしたいと思います。きっと「待てば海路の日和あり」だと信じております。

少なくともあと1ヶ月以内には、非常に美味しいトマトの収穫のgood newsをご報告できるとおもいます(*^^*)

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫

 

 

暑くなりました。初めて空調の「ドライ」を使いました♪

7月になり、さすがに暑くなってきました^^

本日の札幌市内の最高気温は29℃でした。さすがに暑かったですね♪

「札幌ことにメンタルクリニック」も今年初めて空調でドライを使用しました^^;

現在、世界中で温暖化が深刻な問題となっております。残念ながら、ここ10年くらいの動向を観ていると満更、否定できないかと思っております(/ω\)

これから8月に向けてますます暑くなってきますので暑さ対策を含めて、くれぐれもご自愛ください(*^^*)

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫

 

 

 

研修医時代に先輩医師から教えてもらった印象深い話②♪

もう20年近く前になりますが、私が心療内科・精神科の研修医だった時代のお話をさせていただきます。当時はまだまだ医局制度が絶対であり、スーパーローテート制度(医師1年目から自分で研修先や待遇面を個別に決めることができ、1年目から、しっかりとお給料も保証される制度)など全く存在しなかったので、いきなり医局に飛び込んで「入局させてください」とお願いをして、教授から「よっしゃー、お前の面倒見てやるわい 安心せい。ワハハ―」。私は「ははー、何卒よろしくお願い申し上げますm(_ _)m」という時代でした^^;; 当時はそれが当たり前でした^^

もう時効なので申し上げますが、当時の国立大学の研修医のお給料は残業手当など全くなく、朝から晩~翌朝まで働いて時給換算するとコンビニの半分以下のお手当でした^^;;

ただし外病院での当直バイトは出来ましたので、そのおかげで辛うじて生活できていました。

先輩医師に相談したら「そんなの当たり前だろ!研修医は原則、寝ちゃだめだよ!」「死ぬ気で働き、学びなさい!」という、とてもとても優しいお言葉を頂きました(/ω\) 当然のことですが、医師1年目で社会人として医師としての厳しさと責任感の洗礼を受けました。印象深いです^^;

また、研修医時代に徹底して教育を受けたことは、心身共に疲労した辛い立場の患者さんの話にしっかりと耳を傾けて受容して支持共感した姿勢で寄り添う気持ちを持つことと、精神療法と薬物療法をしっかりと学ぶことでした。そんな時代があって現在の自分が形成されているのだと感謝しております(*^^*)

P.S.もう6月も終わります。月日が過ぎるのは速いものです。今年も半分が終わりそうです^^ それでは7月も皆さまにとって良き日々でありますように(*^^*)

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研修医時代に先輩医師から教えてもらった印象深い話♪

もう20年近く前の話になりますが、私が研修医時代に、ある先輩の心療内科・精神科医師から教えてもらった深く印象に残っているお話をご紹介したいと思います。あくまで私個人の感慨なので、興味のない方は読み飛ばしてください^^;;

その先輩医師が教えてくれたことは「人生は、いつも危険な外海へ航海に出るようなもの。社会という大海原に出て日々、荒波にもまれている。もちろん凪の日もあるが、嵐の日の方がずっと多い。その大海原を毎日、進んでいかないと人生という航路は切り開けない。過酷な航海で疲れきった船や旅人が心の傷を癒やすため立ち寄る港が精神科という存在であり、母港として精神科主治医が存在する。そして再び航海に旅立っていく手伝いをすることが役割だ」と教わりました。

当時の私は「なるほど。そういうものか」としか思っておりませんでしたが、心療内科・精神科医として臨床を重ねていくと、まさにその通りだと理解できました。

日々の過酷な現実という荒波に心身とも疲れた方々の「こころ」のケアをしていくことが、我々心療内科・精神科医の大切な使命だと思う今日このごろです(*^^*)

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫

 

目の前のことを一つ一つこなしていきましょう♪

高度に情報化され、世の中の流れがますます速くなってきています。時代の流れに追いつくだけでも、なかなか大変です^^; このような変化に、不安を感じる方もおられるかと思います。

しかし、将来に対して不安を感じるのは、決して現代人だけではなかったはずです。むしろ現代より更に情報が少なかった時代は、さらに不安だったことでしょう^^;;

歴史上、どの時代でも、どの国に生まれても全ての人間が、明日を含めて将来への不安に悩まされ続けてきたのではないでしょうか?

戦国時代に、伊達政宗という武将が東北の地で活躍していました。彼は一寸先は闇の戦国時代をしぶとく生き抜いた人物です。初代伊達藩の藩主でもあります。

同時代の武将たちと同じで少年時代から艱難辛苦の連続でした^^:: 幼少時に罹患した天然痘のため片目を失明し、一番の理解者で庇護してくれた父親も若い時に家臣の裏切りで失い、実弟からの謀反や母親に毒殺されかけたりと、普通の人間ではとても精神が持ちません;; 忍耐力と知性が半端なかったのでしょう^^

そんな中で、彼が最も大切にしてきた信条は「先のわからない将来の不安に悩むより、今日できる目の前のことを一つ一つこなしていくこと」でした^^

そのおかげで、その後、天下人となった豊臣秀吉や徳川家康などから警戒されながらも、信頼されて幕末まで仙台伊達藩としての礎を築きました。別名は大河ドラマでも有名となった「独眼竜正宗」と呼ばれています^^

 

P.S. もう6月も半分終わります。 明日も、目の前のことを一つ一つ大切にしていきたいと思います^^

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫

 

 

 

 

 

 

 

今宵の満月は「ストロベリームーン」と呼ばれております。平和♪

夏至も近づき、日も長くなってきました。また、汗ばむような暑い日も多くなってきましたね^^; ちなみに今年2020年の夏至は6月21日です。

今宵は満月です。「ストロベリームーン」と呼ばれています。「イチゴの満月?」と思う方もおられると思います。私も全く理由が分かりませんでしたので調べてみると、アメリカのインディアンのある部族で、天文学的な意味合いもあり、毎月の満月に名称を付けていたそうです。

夏至に最も近い満月が、ちょうど野イチゴ(ストロベリー)の収穫時期と重なったため、ストロベリームーンと呼ばれるようになったそうです^^ 本日がまさにその日に当たります。

何とも平和で、ロマンティックな話です(*^^*) 最近、夜空を見ることも少なくなってきたので先程、見に行って来ました^^ 札幌市内で撮影した写メを添付しておきます。

現在、同じアメリカで大変不幸な事件が引き金となり、大きなデモから一部暴動が起きております。暴動に参加してる方も、それを鎮圧するために軍隊を出動させようとしている首脳陣もお互いに頭上の「ストロベリームーン」を見ながら冷静になっていただきたいものです。今も昔も変わらず、この時期は大地の恵みである野イチゴの収穫に感謝する平和な「ストロベリームーン」が頭上に燦然と輝いていることに思いをはせていただきたいと思います(*^^*)

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

 

 

 

本日、待ちに待った「アベノマスク」が届きました♪

本日、令和2年6月2日ですが、札幌市内にあります我が家にも、首を長くして待ちに待った安倍晋三内閣から送っていただいた「アベノマスク」がようやく届きました^^ 新型コロナウイルスの緊急事態宣言は、すでに終結しておりますが、まだまだマスクを常時しておりますので、私個人的になりますが、ありがたいと感謝しております。

マスコミ報道では「対応が遅い」「補償が少ない」等いろいろな辛辣な意見があったことも十分に承知しておりますが、政府の好意に対しては素直に感謝したいと思います^^ あり得ないくらいの凄まじい自粛要請を求められたので、個人事業主・法人を含めて事業を経営されている方々を中心に、サラリーマンの方、学校が休校のためストレスが増えた主婦に方をはじめ非常に多くの方々が、自粛に苦しめられ、憤懣やるかたないという意見が多くことあるは十分にお察しい致しております。皆様、苦情や不満などいろいろ言いたいことが沢山あって当然の苦渋を舐め切った3か月間だったことは、もちろん十分に理解できます。

ただし、今回の問題は日本だけでなく全世界で共通の出来事だったということも合わせて理解することが必要だと思います。この反省と教訓を活かして、いずれ訪れることが予測される第2波や、更に新しい未知のウイルスが来ることを想定した上で次回は迅速に対応できる体制国家レベルで整えていただきたいと一人の臨床医として思いました。

私個人的な話なり誠に恐縮ですが、当クリニックに通院中の患者様をはじめ職員や私の知人・友人は一人もコロナに罹患しませんでした^^;;「札幌ことにメンタルクリニック」の院長(管理者)として、本当にうれしく、ありがたく感謝しております(*^^*) 考え得る最大限の防疫体制を整えて臨みましたが、今だから正直申し上げますが、本当は毎日怖くて仕方ありませんでした(/ω\) しかし院長(責任者)として、運もあったと思いますが、患者様をはじめ皆さんが、院内防疫対策に、ご協力していただけたことが一番、大きな効果があったと思います。本当にご協力ありがとうございましたm(_ _)m

今回の件で私も非常に多くのことが学べました。それは、想像すらできない未曽有のストレスが蓄積すると、人間の弱さと言うよりも脆さがどうしても見えてきます。そのため他者に対して攻撃的になります。無意識のうちに「ストレスの捌け口」が欲しくなる傾向が強くなるのでしょう^^;; お気持ちは理解できる部分もありますが「自粛ポリス」など典型的な事例だと思います。

そのような究極な状況下には、その人間本当資質人間性、真価が浮き彫りになると思いました。いかに素早く冷静に現実を受け入れ理解して、分析した上で適切な打開策をタイムリーに決断・実行することがとても重要となるのことがわかったことは非常に勉強となりました(*^^*)

そのためにも常日頃から精神・心理のバランスを保って、有事の際にも普段と変わらない精神面の安定を維持することが重要だと思いました。

P.S 明日、令和2年6月3日を持ちまして「札幌ことにメンタルクリニック」が開院してちょうど1年が経ちます。まさに皆様に支えられて、何とか無事に1周年を迎えることができそうです。心から感謝いたしておりますm(_ _)m

では、明日のブログにて、詳細にお知らせしたいと存じます(*^^*)

札幌 西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

院長