「週刊女性」からの問い合わせの件です^^;

心療内科 精神科医として、そろそろ19年目になります。非才な自分なりに、臨床経験と知識は積極的に積んできたつもりでした。しかし、まだまだ未熟な自分を思い知らされた出来事がありました。正直に申し上げます。

数日前に「週刊女性」という週刊誌の担当の方から突然お電話があり、認知症の特集をしているので「認知症専門医」にQ&Aをお願いしたいと言われました。

私は一応、男子なので「mono max」「ビギン」「コミック乱」などは時々見てますが、まさか女性誌からの取材とは、本当に驚きました(^▽^;)

逆に言うと「週刊女性」に特集されるくらい、認知症のことでお悩みの女性層がいらっしゃるのだなと、あらためて思いました。

「週刊女性」の記者の方からの質問は、認知症患者さんの運転免許についてでした。

初めてアポなしの突然の大手週刊誌からの電話インタビューだったもので、自分でも恥ずかしいくらい焦ってしまい、質問への回答がグダグダでした(/ω\)

事前にメールなどで知らせてくれたら、もっと心の準備ができたのに・・とちょっと哀しく思いましたが、それは私の油断だと反省しました。

「認知症専門医」として、突然の質問にもアタフタせず、堂々と的確な回答をする知識と覚悟と準備が必要なのだと、あらためて思い知りました。

やはり生涯学習は大切ですね^^

今回の件で、自分の至らない点を気づかせていただく良い機会となりました。

今後も、謙虚に学ぶ姿勢を忘れないでいたいと思います^^

 

 

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神

院長 阿部 多樹夫

 

 

 

 

 

 

初診患者様の予約

初診患者様のご予約も積極的にお受けいたしております。

混雑する日もありますが、当クリニックの理念として「こころ」のお悩みで、お困りの新患者様を極力お待たせずに、可能な限り当日の診察・ご相談をお受けいたしております。

他院からの転院を希望される場合も、紹介状は必要ありません。

もし可能でしたら、お薬手帳などお持ち頂ければ、非常に助かります^^

まずは、011-615-5562までお電話でお問合せください。

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫

 

 

認知症・もの忘れ(物忘れ)外来について

当クリニックのホームページをご覧いただきありがとうございます。

当クリニックは令和元年6月3日から名称変更・移転しましたが、札幌市の琴似・二十四軒地区では、20年以上前から現存する最も歴史の古いメンタルクリニックです。心療内科・精神科の疾患について、全般的に診させていただいております。

臨床医として長い間、認知症・もの忘れ(物忘れ)外来にも積極的に携わってきました。

そのため、認知症・もの忘れ(物忘れ)で、お困りのご本人 ご家族からのご相談を、お気軽にお受けいたしております。

日本認知症学会専門医・指導医  認知症サポート医として最大限、貢献させて頂きます。

事前に電話相談いただければ、日程調整の上、一般的な認知症検査は、初診日で全て行うことも可能です。(近隣の2病院と連携をとっておりますので、頭部CTやMRIなどの画像検査も都合が合えば、即日に行うことも可能です。)

認知症を診断するにあたって、最先端の精密検査を希望される場合は、当クリニックと連携している検査機関が札幌市内にあります。患者様やご家族のご希望に沿った形で、最も効率の良い検査スケジュールを調整・ご提案することも可能です。

まずは事前に011‐615-5562まで、お電話ください。

事前にお電話でのご予約がなくても、もちろん受診は可能です。ただし、場合によっては、多少お待ちいただく場合もございます。何卒、ご理解を宜しくお願いします。

 

 

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

認知症・もの忘れ(物忘れ)外来

院長 阿部 多樹夫

Q&A 心療内科・精神科を始めます(^^♪

皆様に、心療内科・精神科の疾患について、ご理解いただけるように、小生なりに、ブログでお話させていただいて参りました^^;

これからはQ&A方式で、もっともっと身近で、分かりやすく、ご説明していきたいと思います(*^^*)

あるある質問に、ご返答するかたちで、お話させていただくつもりです^^

宜しくお願いしますm(_  _)m

次回のブログになりますが、第1回目のQ&Aは「こころの悩みを相談をするのは、心療内科?精神科?神経内科?」について、お答えしたいと思います。

 

冬将軍が到来しましたが、冬の晴れた日は、本当に澄み通って奇麗な夜空ですね^^

冬の大三角形(プロキオン ベテルギウス シリウス)がきれいに見える季節になりました。

 

札幌市西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫

 

 

 

強迫性障害について②

では強迫性障害について第2回目のお話を続けます。

もし強迫性障害の可能性があり、その症状でお悩みならば、心療内科・精神科へ受診してみてください。まずは、きちんとした診断をつけてもらうことから治療が始まります。

原因として、強迫性障害の方は、脳内伝達物質の一つであるセロトニンの働きが低下しているのではないかといわれております。そのため、セロトニンを補ってくれる薬物療法が有効となります。また、並行して強迫症状を徐々に緩和していくためのに、考え方 受け止め方 対処方法などを学んでいく精神療法(認知行動療法)も効果があります。

1.精神療法(認知行動療法):不安刺激についての考え方や受け止め方を変化させることによって不安が強くならないようにしていきます。不安刺激に対して敏感に反応しなくなるように慣れていただくことも必要になる場合もあります。時間はかかりますが、徐々に強迫的な儀式は軽減してきます。

2.薬物療法:抗うつ薬を中心とした薬剤の服用をおこないます。以前は3環系抗うつ薬が主流でしたが、現在はSSRIといってセロトニンを選択的に補充してくれる薬剤を使用することが一般的となっています。

では、第3回目に続きます(*^_^*)

 

札幌市西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫