新患者様の受診も、お受けしております。

最近は混雑する日も増えてきましたので、お待ちいただく場合もございますが、可能な限り当日の診察・ご相談をお受けいたしております。

まずは、011-615-5562までお電話ください。

当クリニックは「こころの専門医」「こころのかかりつけ医」として身近な存在であり、患者様に寄り添い、心療内科・精神科領域、全般のご相談・診察をお受けしております。

 

また、認知症 物忘れ(もの忘れ)外来も積極的に行っております。

認知症 物忘れ(もの忘れ)で、お困りのご本人・ご家族・施設の職員の方からのご相談もお受けいたしております。お気軽にお申し付けください。

 

札幌 西区 琴似 心療内科・精神科

院長 阿部 多樹夫

Q&A 第10回 物忘れは、検査でわかりますか?

Q: 最近、物忘れが増えてきた気がします。認知症ではないかと不安です。検査でわかりますか?

A: 検査をすれば、わかります。

物忘れには、①年齢相応の良性な物忘れ ②病的なもの忘れ(認知症)に分類されます。言うまでもなく、病的な物忘れ(認知症)の場合には、治療が必要となります。

そのためには、まずは、きちんと診断を受ける必要があります。検査をすれば、①と②の区別が付きます。

必要な検査としては、神経学的検査 心理検査 画像検査 血液検査などを行い、総合的に判断することが、大切となります。

なお、当院でも近隣の静和記念病院と連携しており、頭部MRI検査含めて即日に認知症・もの忘れ検査を行うことが可能です。お困りのご本人 ご家族 施設の方からのご相談も積極的にお受けいたしております。

札幌 西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科 精神科 

院長 阿部 多樹夫

1月21日は、ライバルが手を結んだ日(薩長同盟)です♪

私は歴史が好きなので時々、歴史のお話もしたいと思います。

ご興味がある方は、お付き合いくださいm(__)m 無い方はスルーしてください(/ω\)

江戸時代から明治へ近代国家の道を創造した明治維新は、薩摩(鹿児島県)と長州(山口県)の同盟から始まりました。それを仲介したのが、土佐(高知県)出身の坂本龍馬であったことも有名な話です。

その前に、蛤御門の変(禁門の変)という戦いがあり、会津・薩摩連合軍に対して長州は激しく戦いを挑んで、そして敗れました。 1864年8月20日のことです。

そのため、長州は薩摩と会津を激しく恨みました。一時期は、長州藩は朝敵にも指定されました^^;

その後、長州藩は滅亡の危機を何度も迎えることにまりましたが、高杉晋作 桂小五郎 大村益次郎 山縣有朋 伊藤博文 前原一誠など優秀な指導者の元で一致団結して難局を何とか乗り越えました。

しかし、長州単独で乗り切るのは到底、不可能でした。

その時に味方を申し出たのが、長州の不倶戴天の宿敵であった薩摩でした。

長州からみれば、絶対に許せない相手である薩摩と、あえて同盟を結ぶことで、その後の第2次長州征伐(四境戦争)に勝利し、時代は一気に討幕・維新に向かっていきました。
153年前の本日、そのようなことがありました。

歴史談義や善悪など議論するつもりは毛頭ありませんが、歴史から学ぶことは多いと、思います^^

人を許すということは非常に難しいことです。さらにその相手と一緒に歩んでいくということは更に難しいことなのでしょう^^; 妥協点を探し、折り合いを付けていくことが、できたからこそ、明治維新という大業がなされたと個人的には思います^^

インフルエンザも猛威を振るってますので、皆様、体調管理にお気をつけてくださいませ^^

当クリニックは、認知症専門医として、認知症 物忘れ(もの忘れ)外来も、随時行ってますので、お気軽にご相談ください。

札幌市 西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科 精神科 メンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫 

Q&A 第8回(初診はどのくらい時間が、かかりますか?)(受診時に必要なものはありますか?)      

 

Q1:初診は、どのくらい診察時間がかかりますか?

A1:初診は、原則として、30分以上かけて丁寧にお話を伺っております。お急ぎの方もいらっしゃると思いますが、そのくらい時間をお取りしないと、しっかりした診断と説明ができないためです。

初診予約を入れられた患者様でも、多少のお待ち時間をお願することが、時々、あるかも知れませんm(_ _)m  その日の混雑状況によって、違ってきます^^;

初めての受診の際に、不安や緊張される方も、いらっしゃると思いますが、時間をしっかりとお取りしておりますので、焦らず、ゆっくりとお話いただけます。

なるべく20分を超えないように、最大限配慮させていただきます(#^^#)

 

Q2:受診時に必要なものはありますか?

A2:初診時に、お持ちいただきたいものは、以下になります。

 1.保険証 

 2.お薬手帳(お持ちの方のみ)

 3.紹介状(お持ちの方のみ なくても問題ありません)

 4.精神障害手帳(お持ちの方のみ)

 5.自立支援受給者証(医療機関を当クリニックに変更済の受給者証 お持ちの方のみ)

 

当クリニックは、「こころの専門医」「こころのかかりつけ医」として、心療内科・精神科領域の疾患を全般的に、診させて頂いております。どんな些細な、こころのお悩みにもご相談をお受けしております。

 

また、院長が長年、札幌市の認知層サポート医。日本認知症専門医・指導医として、認知症 物忘れ(もの忘れ)外来にも積極的に取り組んで参りました。今後も認知症(もの忘れ)でお困りの、ご本人・ご家族・施設の方からの受診やご相談に、お気軽に対応させていただきます。

まずは、011-615-5562まで、お電話ください。

札幌市西区 琴似 二十四軒 八軒

  精神科 心療内科 メンタルクリニック

  認知症 物忘れ(もの忘れ)外来 

  院長  阿部 多樹夫

 

新年のご挨拶

新年、明けまして、おめでとうございます。初春のご挨拶を申し上げます。

昨年は北海道大震災など、大変なこともありましたが、今年は、患者様をはじめ当クリニックを支えてくださっている皆様が平穏無事で幸せな生活が送れるように、琴似神社と諏訪神社に初詣に行って祈願して参りました。

ですから、今年は、皆様が安心して過ごせる年になると信じております^^

当クリニックでは、認知症 物忘れ(もの忘れ)外来も随時、行っております。認知症でお困りのご本人・ご家族・施設の方からのご相談もお受けいたしておりますので、お気軽にご相談ください。 

北海道札幌市西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科 精神科 メンタルクリニック

院長  阿部 多樹夫

クリスマスも終りました。

クリスマスも終りました。そして、いよいよ年末になります。

今年もあと、5日を残すのみとなりました。

そして、平成も、あと4ヵ月と数日で終わります。

何故だか、寂しい気もします^^;

当クリニックは、本年は平成30年12月28日の19:00で、今年の診察は終了とさせて頂きます。年明けは、1月4日の9:30から通常通り、診察いたします^^

当クリニックの基本方針は、「患者様を第一に考え、親身になって診察・治療をおこない、分かりやすく説明をいたします」であります。

来年も患者様にとって、お役に立てるクリニックを目指して最大限、努力したいと思っております。

また、認知症 物忘れ(もの忘れ)外来に関しても、地域医療に貢献できるように、最大限、貢献したいと存じます。

北海道札幌市西区 琴似・二十四軒・八軒

心療内科 精神科 メンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫

今年の感慨

例年のことですが、京都の清水寺で「今年の漢字」で、平成30年の世相を表す「災」が選ばれました。

選定理由としては、豪雨や北海道胆振東部地震、台風などが挙げられてます。

平成30年9月6日の北海道大地震のことは、鮮明に覚えてます。朝方3時過ぎに、大きな揺れを感じて、飛び起きました。

自宅が潰れるのでは?と寝ぼけながら、正直、怖かったです。

その後、数分で揺れは収まりましたが、朝まで、うつらうつらと半覚醒状態でした。

朝に、まず気が付いたのは、扇風機が止まってました。家じゅうの電気も付きませんでした。

TVも見れないので、スマホで検索しましたが、北海道中、とんでもないことになっていると、初めて自覚しました。

しかし、その日も診察日だったので、地下鉄が止まっていると知っていたため、予定より1時間早く、自動車でクリニックに行きました。途中の信号は全て止まってました。

幸いクリニックは全く被害はありませんでしたが、職員は全員、インフラがストップしていたので、通勤できません。

そこで、私が自動車で職員全員を迎えに行き、1時間遅れの10:30から診察を開始しました。

結局、その日は、午前中の2時間半しか診察できませんでしたが、十数名の患者様が来院されました。公共交通機関がないため1時間以上、徒歩で来院された方も、いらっしゃいました。申し訳ない気持ちで一杯でしたが、電気がないため、そこが限界でした。

翌9月7日から、幸いにも電気が復旧して、いつも通り診察が可能となりました。

あの当日の記憶は、永遠に忘れられません。

被災者の方々には、あらためて、心から遺憾と追悼の念を申し上げます。

当クリニックは、年内は28日(金)まで診察いたします。新年は4日(金)から診察を予定してます。

来年は次の年号に向かって、新たな気持ちで望みたいと思います。

来年度は、認知症 物忘れ(もの忘れ)外来にも、さらに力を入れて、地域の精神医療の向上に、貢献いたします。

札幌市 西区 琴似・二十四軒・八軒

心療内科・精神科・メンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫

大通公園のイルミネーション♪

昨日5日に、かでる27で行われました講習会の帰りに、足早に地下鉄駅に向かって大通公園付近を歩いていました。その時に、あまりにも美しい夜景でしたので、思わず撮影してきました^^

当クリニックは、メンタルクリニックですので、心療内科・精神科の疾患を全般敵に診させていただいておりますが、認知症サポート医として、認知症 物忘れ(もの忘れ)外来も積極的に行っております。お困りの方は、お気軽にご相談ください。

札幌 西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科 精神科 メンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫

当クリニックに、クリスマスツリーが来ました

当クリニックでは、来院される患者様に、少しでも季節を感じていただきたいと思い、クリスマスツリーを飾っております。

来院の折に、見ていただければうれしいです(#^.^#)

当クリニックはメンタルクリニックですので、心療内科 精神科を全般的に診させて頂いております。

院長が札幌市の認知症サポート医ですので、認知症 物忘れ(もの忘れ)外来にも、積極的に取り組んでおります^^

お困りの、患者様・ご家族・施設の方は、お気軽にご相談ください。

札幌市西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫

冬到来。

本日、出勤時に我が家の玄関先で、今年最初の雪を見ました。

今年は、観測史上でも稀にみる降雪時期が遅かったようです。

いずれは、冬将軍が本格的に、遠征に来られるでしょう(/ω\)

 

当クリニックは、「こころの専門医」「こころのかかりつけ医」として、札幌市西区の心療内科・精神科領域の疾患を全般的に、診させて頂いております。

 

また、認知症サポート医 認知症専門医・指導医として、物忘れ(もの忘れ)外来にも積極的に、行っております。

お困りのご本人・ご家族・施設の方でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

 

 

札幌市 西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科・精神科・メンタルヘルス

院長 阿部 多樹夫