1月21日は、ライバルが手を結んだ日(薩長同盟)です♪

私は歴史が好きなので時々、歴史のお話もしたいと思います。

ご興味がある方は、お付き合いくださいm(__)m 無い方はスルーしてください(/ω\)

江戸時代から明治へ近代国家の道を創造した明治維新は、薩摩(鹿児島県)と長州(山口県)の同盟から始まりました。それを仲介したのが、土佐(高知県)出身の坂本龍馬であったことも有名な話です。

その前に、蛤御門の変(禁門の変)という戦いがあり、会津・薩摩連合軍に対して長州は激しく戦いを挑んで、そして敗れました。 1864年8月20日のことです。

そのため、長州は薩摩と会津を激しく恨みました。一時期は、長州藩は朝敵にも指定されました^^;

その後、長州藩は滅亡の危機を何度も迎えることにまりましたが、高杉晋作 桂小五郎 大村益次郎 山縣有朋 伊藤博文 前原一誠など優秀な指導者の元で一致団結して難局を何とか乗り越えました。

しかし、長州単独で乗り切るのは到底、不可能でした。

その時に味方を申し出たのが、長州の不倶戴天の宿敵であった薩摩でした。

長州からみれば、絶対に許せない相手である薩摩と、あえて同盟を結ぶことで、その後の第2次長州征伐(四境戦争)に勝利し、時代は一気に討幕・維新に向かっていきました。
153年前の本日、そのようなことがありました。

歴史談義や善悪など議論するつもりは毛頭ありませんが、歴史から学ぶことは多いと、思います^^

人を許すということは非常に難しいことです。さらにその相手と一緒に歩んでいくということは更に難しいことなのでしょう^^; 妥協点を探し、折り合いを付けていくことが、できたからこそ、明治維新という大業がなされたと個人的には思います^^

インフルエンザも猛威を振るってますので、皆様、体調管理にお気をつけてくださいませ^^

当クリニックは、認知症専門医として、認知症 物忘れ(もの忘れ)外来も、随時行ってますので、お気軽にご相談ください。

札幌市 西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科 精神科 メンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫 

Q&A 第8回(初診はどのくらい時間が、かかりますか?)(受診時に必要なものはありますか?)      

 

Q1:初診は、どのくらい診察時間がかかりますか?

A1:初診は、原則として、30分以上かけて丁寧にお話を伺っております。お急ぎの方もいらっしゃると思いますが、そのくらい時間をお取りしないと、しっかりした診断と説明ができないためです。

初診予約を入れられた患者様でも、多少のお待ち時間をお願することが、時々、あるかも知れませんm(_ _)m  その日の混雑状況によって、違ってきます^^;

初めての受診の際に、不安や緊張される方も、いらっしゃると思いますが、時間をしっかりとお取りしておりますので、焦らず、ゆっくりとお話いただけます。

なるべく20分を超えないように、最大限配慮させていただきます(#^^#)

 

Q2:受診時に必要なものはありますか?

A2:初診時に、お持ちいただきたいものは、以下になります。

 1.保険証 

 2.お薬手帳(お持ちの方のみ)

 3.紹介状(お持ちの方のみ なくても問題ありません)

 4.精神障害手帳(お持ちの方のみ)

 5.自立支援受給者証(医療機関を当クリニックに変更済の受給者証 お持ちの方のみ)

 

当クリニックは、「こころの専門医」「こころのかかりつけ医」として、心療内科・精神科領域の疾患を全般的に、診させて頂いております。どんな些細な、こころのお悩みにもご相談をお受けしております。

 

また、院長が長年、札幌市の認知層サポート医。日本認知症専門医・指導医として、認知症 物忘れ(もの忘れ)外来にも積極的に取り組んで参りました。今後も認知症(もの忘れ)でお困りの、ご本人・ご家族・施設の方からの受診やご相談に、お気軽に対応させていただきます。

まずは、011-615-5562まで、お電話ください。

札幌市西区 琴似 二十四軒 八軒

  精神科 心療内科 メンタルクリニック

  認知症 物忘れ(もの忘れ)外来 

  院長  阿部 多樹夫

 

Q&A 7回 仕事にいくのが、すごくツラいです。どうしたらいいでしょうか?

Q:仕事にいくのが、すごくツラいです。どうしたらいいでしょうか?

A:100%とはいきませんが、対処方法はあります。どんな職種でも、仕事がツラいのは、残念ですが、ある程度は仕方ありません。しかし、過労やストレスなどが長期間、持続すれば、誰にでも限界が訪れます。次の3つが問題となるケースが多いので、ご説明します。

1.)職場の人間関係: 職場での人間関係が、問題になること場合は多くあります。自分にとって苦手な人(上司・同僚・部下等)は、どんな職場でも、一人くらい必ずいます^^; しかし、仕事をしていく上で適度な距離感をとりつつ仕事に支障が出ない程度には、何とか付き合っていかないといけません。その人のことを、好きになることは出来ないかもしれませんが、相手の嫌なところばかり、見ていると、ますます嫌いになります。相手の良いところを見つけて、少しでも、理解しようとすることは重要だと思います。案外、思わぬところで、苦手な相手の良い部分や不器用だけど優しい部分などが見えてくると、そんなに苦手意識を感じなくなることもあります。

それでも、どうしても難しければ、上司や人事部に相談してみることも必要かもしれません。

 

2.)過労・疲労: 数年前に、ブラック企業が社会問題となりましたが、長時間労働や休日がない生活が長期に渡って続けば、身体は当然ですが、こころのエネルギーも確実に低下してきます。 勤労は尊いのですが、過労死しては意味がありません。適度な労働時間と休養も非常に大切です。

3.)精神疾患(うつ病 双極性感情障害 統合失調症 認知症、適応障害 不安障害等 ) この場合は、すぐに精神科・心療内科など医療機関を受診されることをお勧めします。また周囲に困っている方が、いらっしゃれば、温かく接して差し上げてください。

連休は、良い天気でしたね^^ 皆様、ゆっくり過ごされたでしょうか?明日は15日です。早いもので、1月も中盤となりました。春まで、もうしばらくありますが、元気で乗り越えましょう^^   

札幌 西区 琴似 二十四軒 八軒

精神科 心療内科 メンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫

Q&A 第6回(精神科のお薬を服用するのは、副作用とか依存が心配なのですが、大丈夫ですか?)

Q:精神科のお薬を服用するのは、副作用とか依存が心配ですが、大丈夫ですか?

A:精神科・心療内科領域の疾患では、なるべく薬剤を使用しないで、治療することが理想的です。まずは精神療法で、しっかりとアプローチすることが大切です。しかし疾患の種類や症状によっては、やむを得ず、薬物療法をお勧めする場合があります。

副作用を心配される患者様がたくさんおられることは十分、承知しております。しかし、どうしても薬物療法が必要な場合は、患者様にとってプラス(主作用)とマイナス(副作用)を慎重に見極めて、プラスが多い場合に、最少用量の薬物を処方することをお勧めしております。そうすることで、副作用の出現を著明に減弱することが可能となります。また依存性についても、最少用量の薬物の処方を行うこと、主治医と患者様の信頼関係の構築および環境調整(家族・友人・知人・職場の上司・学校の先生等に理解を促して、患者様のストレスを減らす環境づくり)を行うことで、薬物に対する依存姓を減弱することが可能となります。わかりやすく言いますと、患者様が孤立しない環境を整えることが大切となります

新年も明けて、すでに11日目となりました。今年は、平成最後の年となりますが、自分自身のペースを崩さないで日々をお過ごし下さい^^

札幌市 西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科 精神科 メンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫

平成31年1月18日(金)の診察時間変更のお知らせ

平成31年1月18日(金)は、院長、所用のため、診察時間を9:30~18:30(受付時間 9:30~18:00)とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解頂きますように、よろしくお願いいたします。

札幌 西区 琴似 二十四軒 八軒

精神科 心療内科 

院長  阿部 多樹夫

Q&A 第2回(血液検査が必要な理由)

Q:何故、心療内科・精神科なのに血液検査(採血)が必要なのですか?

A:主に2つ理由がございます。

A1.身体合併症(糖尿病 高脂血症 緑内障 心臓疾患 甲状腺機能異常 副甲状腺機能異常 重症筋無力症 高度肝機能障害 等)の疾患がある方には メンタル系の薬剤を処方してはいけない、もしくは処方が望ましくない(絶対的・相対的禁忌薬剤)が結構あります。また、認知症の場合に、ビタミン欠乏症が原因になっている場合もあります、そのため事前に、そのような基礎疾患が無いか、知っておく必要があります。

A2.心療内科・精神科領域の疾患で処方します薬剤は副作用として、糖尿病や高脂血症の悪化、甲状腺機能障害 性機能障害 薬剤中毒症状等が認められることがしばしば、あります。そのような副作用を、いち早く把握して予防するためには、定期的な血液検査が、どうしても必要となります。

心身一体の言葉通り、最初から全てをメンタル的な原因とせず、心身両面から慎重に総合的に判断するのも我々、心療内科・精神科医の重要な使命だとご理解ください。

札幌市西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科・精神科・メンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫

Q&A 第1回(心療内科 神経内科 神経科 精神科)について?

第1回目のQ&Aは「こころの悩みを相談をするのは、心療内科?精神科?神経内科?」について、お答えしたいと思います。

心療内科と精神科や神経内科との違いについて、しっかりと理解することで、あっちこっちを回って、時間や労力を無駄にしなくて済みますので、ご説明させて頂きます^^

●精神科と神経科は、同じ物だと思っていただいて問題ありません。精神科は精神症状が出る疾患について、相談・診断・治療をする科です。

●神経内科は、精神症状を扱う科ではありません。中枢神経を含めた全身の神経系の病気を扱う科です。精神科や脳神経外科と重なる所もほんの少しは、ありますが、神経内科は外科と違って手術はしませんし、精神症状の相談にも、関わってくれる事は基本的にありません。代表的な疾患が、脳卒中や脳炎、パーキンソン病、てんかん等を診る科なのです。

●心療内科とは?実はこれがややこしいのです^^;

本当の意味での「心療内科」とは、精神的ストレスが強い影響を及ぼし、実際に身体に生じる病気(ストレス性胃十二指腸潰瘍 気管支喘息 高血圧症 アトピー 円形脱毛症等)に対して心身両面からアプローチする科の事です。あくまで、ストレスが原因で起こる身体疾患を診る内科医なのです。

結論から申し上げれば、精神的な問題(不眠 不安 イライラ 悲しみ 気分が沈む やる気が出ない 情動不安定 恐怖 幻覚妄想 物忘れetc)につきましては、最初から精神科医にご相談されることが大切だと思います。

当クリニックは、精神保健指定医。精神科専門医・指導医。認知症専門医・指導医と精神科がメインでありますが、内科領域も十分な経験がありますので、心身両面で最大限にサポートさせて頂きます。

札幌市 西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫

 

 

 

 

大通公園のイルミネーション♪

昨日5日に、かでる27で行われました講習会の帰りに、足早に地下鉄駅に向かって大通公園付近を歩いていました。その時に、あまりにも美しい夜景でしたので、思わず撮影してきました^^

当クリニックは、メンタルクリニックですので、心療内科・精神科の疾患を全般敵に診させていただいておりますが、認知症サポート医として、認知症 物忘れ(もの忘れ)外来も積極的に行っております。お困りの方は、お気軽にご相談ください。

札幌 西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科 精神科 メンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫

当クリニックに、クリスマスツリーが来ました

当クリニックでは、来院される患者様に、少しでも季節を感じていただきたいと思い、クリスマスツリーを飾っております。

来院の折に、見ていただければうれしいです(#^.^#)

当クリニックはメンタルクリニックですので、心療内科 精神科を全般的に診させて頂いております。

院長が札幌市の認知症サポート医ですので、認知症 物忘れ(もの忘れ)外来にも、積極的に取り組んでおります^^

お困りの、患者様・ご家族・施設の方は、お気軽にご相談ください。

札幌市西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫

札幌 認知症・物忘れ(もの忘れ)外来について

いよいよ寒くなってきました^^

9月1日に継承開業してから、あっという間に2か月半が経過しようとしてます。

今年も、あと1か月半で終わりですね^^

昨日は、久しぶりにゆっくり散歩し、その後にレンタルDVDを借りてきて、コーヒーを飲みながら映画鑑賞できました。

休日にしっかりと気分転換をすることは、メンタルヘルス上も非常に大切ですね(*^-^*)

当クリニックは、日本認知症学会 専門医・指導医 札幌市の認知症サポート医として、認知症 物忘れ(もの忘れ)外来も積極的に行っております。お悩みのご本人・ご家族からのご相談をお受けしております。お気軽にご相談ください。研修医の頃から、ずっと認知症医療に携わってきましたので、少しでも、ご貢献できれば幸いであります。

追伸ですが、令和元年6月3日から、札幌ことにメンタルクリニックとして、移転・院名変更することになりました。

今後も「認知症専門医・サポート医」「心のかかりつけ医」「心の専門医」として、地域の皆様に、最大限ご貢献できるように努力する所存です^^

札幌市西区 琴似 二十四軒

認知症 物忘れ(もの忘れ)外来 診療内科 精神科

院長  阿部 多樹夫