「週刊女性」からの問い合わせの件です^^;

心療内科 精神科医として、そろそろ19年目になります。非才な自分なりに、臨床経験と知識は積極的に積んできたつもりでした。しかし、まだまだ未熟な自分を思い知らされた出来事がありました。正直に申し上げます。

数日前に「週刊女性」という週刊誌の担当の方から突然お電話があり、認知症の特集をしているので「認知症専門医」にQ&Aをお願いしたいと言われました。

私は一応、男子なので「mono max」「ビギン」「コミック乱」などは時々見てますが、まさか女性誌からの取材とは、本当に驚きました(^▽^;)

逆に言うと「週刊女性」に特集されるくらい、認知症のことでお悩みの女性層がいらっしゃるのだなと、あらためて思いました。

「週刊女性」の記者の方からの質問は、認知症患者さんの運転免許についてでした。

初めてアポなしの突然の大手週刊誌からの電話インタビューだったもので、自分でも恥ずかしいくらい焦ってしまい、質問への回答がグダグダでした(/ω\)

事前にメールなどで知らせてくれたら、もっと心の準備ができたのに・・とちょっと哀しく思いましたが、それは私の油断だと反省しました。

「認知症専門医」として、突然の質問にもアタフタせず、堂々と的確な回答をする知識と覚悟と準備が必要なのだと、あらためて思い知りました。

やはり生涯学習は大切ですね^^

今回の件で、自分の至らない点を気づかせていただく良い機会となりました。

今後も、謙虚に学ぶ姿勢を忘れないでいたいと思います^^

 

 

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神

院長 阿部 多樹夫

 

 

 

 

 

 

にこにこメンタルクリニックの院長先生へのご哀悼

令和元年6月27日に、 大通メディカルモールで「にこにこメンタルクリニック」の院長として札幌市の精神医療に並々ならぬ、ご貢献をされていた吉田院長が、ご逝去されたと札幌医大の神経精神科の医局から訃報が届きました。

小生は、吉田院長と一緒に勤務させて頂く機会は残念ながらありませんでした。しかし何度かお会いした折に、非常にフレンドリーにお言葉を頂けて、とても嬉しく思っておりました。

まさかの事態に非常に遺憾であります。もっともっと、お話ししたかったです。そして、もっともっとお教えを請いたかったです。しかし、それも叶わなくなりました。。本当に無念です。

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駐車場についてお願いがあります。

当クリニックの駐車場について、分かりにくいとご指摘を頂きましたので、ご質問にお答えしたいと思います。ホームページでも確認いただけますが、契約している駐車場は2か所あります。

当クリニックの裏にあるパラカ駐車場、ホテルヤマチ第2駐車場です。

上記地図の赤色のマルPマークが、該当します。

①ホテルヤマチ第2駐車場は、管理人さんがチケットを手動でくれます。そのチケットをお持ちいただき、当クリニックの受付で提示されたら、1時間無料のスタンプを差し上げます。こちらは、わかりやすいと思います。

②パラカ駐車場はビルの裏に直結しており便利なのですが、実はちょっと、システムが分かりにくいというご指摘を頂いております。最初に正直に、お断りしておきます。パラカ駐車場様と当クリニックは、全く別の組織です。

もしご不明な点がございましたら、0120‐100‐608まで直接、パラカ駐車場様ご連絡ください。

念のため、ご使用方法を申し上げます。

上記写真のように駐車されたら、まず、その駐車場番号を入り口にある機械で駐車証明ボタンを押すシステムになっています。そうすると駐車証明書が発行される仕組みです。

必ず、駐車証明のボタンを押してください。そして発行された駐車証明書をお持ちください。

その駐車証明書を、当クリニックにお持ちいただけた場合のみ、1時間無料のパーキングチケットをお渡しいたします。

駐車証明書を紛失されたり、お持ちでない場合は申し訳ありませんが、パーキングチケットをお渡し出来かねます。あらかじめご了承ください。

パラカ駐車場様に関して、ご不明な点がありましたら、まずは0120‐100‐608まで直接お問合せください。丁寧に対応してくださると思っております。

よろしくお願いします。

 

 

 

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫

 

 

 

 

 

 

 

車イスをご使用のご本人・ご家族の方へ(バリアフリー)

受診される患者さんの中に、車イスを使用されている方もいらっしゃると思います。

当クリニックのビルの入口に1段だけ段差があります。車イスの方や段差でお困りの方は、すぐにお電話ください。スタッフが速やかに対応します。

上の写真にありますように軽量で持ち運び可能な素材なので、速やかに設置が可能です。

車イスの方でお困りの場合は011-615-5562までお電話ください。

直ちに、スタッフが写真にあります移動式スロープを持参して、入口までお迎えにあがります^^ 最大限、バリアフリーにご協力します。

P.S  明日は、夏至ですね^^ 日本で一番、日が長くなります。

北海道の短い夏は、1ヶ月半くらいですが、大いに楽しんで頂きたいと思います(*^_^*)

 

札幌 西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫

 

 

 

地下鉄の人身事故・・・

昨日6月12日(水)の帰宅途中に地下鉄南北線で、ちょうど札幌駅直前の20:00過ぎに、いきなり列車の電気が消え、その後、停車したままになりました。

ほとんどの乗客は、すぐに違和感を感じた様でありました。

スマホで調べたり、駅員さんに聞いたり、アナウンスを聞いたりとされてました。

すぐに市営地下鉄から「幌平橋で人身事故」とアナウンスがありました。

人身事故ならば、まずはその人の一命が助かってほしいと率直に思いました。また、決して自殺であってほしくないと思いました。

その後、ニュースで、残念ながら地下鉄の柵を乗り越えて、投身されたと聞きました・・・

無論、ご本人が一番、辛く悩みぬいた末に自死の選択をされたのだと思います。

しかし自殺は、本当に悲しいことです。。。

ご本人が一番辛かったことは十分にお察します。しかし残されたご遺族の悲しみも計り知れない辛さだとお考え下さい。その点だけは、忘れないでください。なにとぞお願いします。。。

札幌医大の同門会に、自殺防止研究で本邦でも著名な、河西千秋教授がおられます。

もし、自死(自殺)問題でお困りなケースがあれば、近隣の心療内科医・精神科医に相談されてみてください。当クリニックもご相談をお受けします。必要ならば札幌医科大学 神経精神科を含めて緊急対応が可能な医療機関に、ご紹介いたします。

自死(自殺)せずとも、きっと解決法はみつかります。かけがえのないお命をどうか、大切にしてください。

 

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科 メンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫

 

今週は、大変混雑いたします。申し訳ありません。

今週はGW(10連休)明けの4週後なので、ただでさえ混雑しております。誠に申し訳ありません。

更に移転・電子機器変更に伴い、お待ち時間が長くなるかも知れません。

そのタイミングがちょうど重なってしまい申し訳ありませんが、ご理解宜しくお願いします。

電子機器は最初のデータ入力に多少のお時間を頂戴します。一度入力すれば、次回からは以前の手書きカルテよりも格段に早くて正確な処方と受付の機能向上も可能となります。

6月、7月中旬までの1ヶ月半弱は、ご迷惑をお掛けすることも実際にあると認識し恐縮しておりますが、なにとぞ、どうか優しい眼差でお許し下さい。m(_ _)m

お願いになりますが、その間は、お早目のご予約を頂ければ大変助かります。少しでもお早いご予約を頂ければ、円滑に優先的にご案内させて頂けます。

少しでもお待時間を少なくするため、どうか早目のご予約をよろしくお願いいたします。

札幌 西区 琴似 二十四軒 八軒

院長 阿部 多樹夫

札幌ことにメンタルクリニックへの移転・開院のお知らせ

前田神経クリニックは精神科・心療内科・神経科のクリニックとして、琴似 二十四軒地区で20年以上、患者様のご相談・診察・治療に、少しでもお役立ちできるように努めてまいりました。

これもひとえに患者様を含めて、ご協力を頂いた皆様のお力添えの賜物と感謝申し上げます。

この度、令和元年6月3日9:30をもちまして「札幌ことにメンタルクリニック」へと院名変更の上、移転・新規開院させていただく運びと相成りました。

移転先は、〒063-0811 北海道札幌市西区琴似1条4丁目4-20笹川ビル3階です。

5月31日(金)午前(9:30~13:00)までは、前田神経クリニックとして、最後の診察いたします。

思えば、、前任者の前田院長が体調不良のため長期療養を余儀なくされ、私が院長に就任して、ほぼ1年が経過しました。まさに、あっという間の1年でした。

 

移転後の令和元年6月3日からは、更に札幌市西区を中心に皆様のメンタルケアに最大限、貢献させて頂きたいと存じます。

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

〒063-0811 北海道札幌市西区琴似1条4丁目4-20笹川ビル3階

院長 阿部 多樹夫

 

 

 

 

 

雑談です♪ 27 連休明けの 心のケア

大型連休も明けて、2週目となりました^^

皆様、新年度の4月から一生懸命、頑張ってこられたと思いますが、大型連休を挟んで、そろそろ精神面でも身体面でも疲れが出る時期です^^;

毎日、フルスロットルで活動していると、どうしても疲弊してきます。そのペースが苦痛にならない方は、全く問題ありません^^

しかし、かなり多くの方には、この時期は結構、つらいと思います^^;;

環境の変化 それに適応するため努力した後の疲弊感が一番出やすい時期だと思います^^;;

そんな時期なので逆に、焦らずに自分のペースで生活して頂くようにお願いします(*^^*)

いよいよ5月も後半になり、過ごしやすい時期となりましたが、心身のバランスを崩さないようにお気を付けください^^

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫

 

 

大型連休明けのお詫び

皆様、こんばんはです^^

超大型連休が終わり、役所や銀行なども非常に、ご多忙なようですね^^;

当クリニックも同様に、混み混みとなりまして、来院された患者様には、お待いただく時間が長くなり、本当に申し訳ありませんm(_ _)m

来週5月13日(月)からは、ちょっと、ゆとりができそうなので、初診の方のご相談もお受けいたしたいと存じます^^

それでは、連休明けのギャップに生活のペースを乱されないように、お気を付けくださいませ(*^^*)

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫

 

 

 

 

 

 

雑談です♪ 24 新クリニックの内装工事

本日、昼休みに新クリニック(札幌ことにメンタルクリニック)の建設現場を見に行ってきました。 徐々に平面の設計図が立体となりつつあります。

新クリニックのコンセプトは、第一に患者さんがリラックスして頂ける環境と、患者さんが望まれる質の高い医療を極力お待たせしないで提供させて頂くことを最大使命と考えております。

患者さんのプライバシーにも最大限、配慮するため、間仕切り席を5席準備させて頂きました^^

車イスをご使用の方も、今後は、ご不便なく通院して頂けるようにバリアフリー化を大幅に改善しました^^

具体的には、エレベーターは、車イスが十分に入れるほど大きくなります。スムーズな乗入れが可能となります^^

また、入口正面の道路はロードヒーティングですので、冬場も足元は、とても安心です^^

そして、正面玄関に低い階段が1段ありますが、お電話いただければ、直ちにスタッフが駆けつけて、専用のバリアフリーのスロープを準備いたします^^

駐車場の数も、現在より大幅に増えます^^

地下鉄やJRだけでなく、お車でお越しの方にも、もっと利便性の良い場所となります。

あと1か月後の令和6月3日から、札幌市西区琴似一条4丁目4−20 笹川ビルに移転します。このビルは完全な医療ビルです^^ 皮膚科と内科(循環器科)も併設しておりますので、安心して受診いただけます(*^-^*)

移転先は現在のクリニックから徒歩3分程度です。非常に近いので、移転後も、ご安心くださいませ^^

札幌市 西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫