年末年始が近づいてきました

今年も残すところあとわずかになってきました。

この時期には大掃除というイベントがありますね。中々おっくうで取り掛かれないというご相談を受けることもたびたびありました。

やる気がなかなか起きなくてというように、モチベーションについては心理学でも多数の理論が提唱されております。

 

例えば、罰と称賛というものはモチベーションの理論でも紹介されておりますが、それぞれには機能面において特徴があります。

叱ることや不利益が生じるといった罰は行動を起こさせる力は強いですが、持続しにくいという特徴を持っています。褒めることや利益があるといった称賛は行動を起こさせる力は弱い代わりに、持続するという特徴があるといわれています。

 

年末のみの大掃除を乗り切るには行動を起こさせる力の強い罰を用いるほうが取り組みだせるのかもしれません。

しかし、大変な大掃除に取り組むわけですから、ぜひ自分にご褒美を用意して、称賛の力で取り組むことがおすすめです。

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

心理師

当クリニックの心理療法

当クリニックでは私が心理療法を担当させていただいております。

心理療法では、患者さんのお話に耳を傾けることはもちろんですが、心理師によって、得意とする心理療法の分野が異なります。

 

心理師の世界では認知行動療法、精神分析、来談者中心療法の3つが大きな枠組みとされることが多いのですが、私自身は、認知行動療法に携わってきた心理師です。

学生時代から学習心理学や行動療法を学び、前職においても認知行動療法を中心に心理療法を行ってきました。最近は、認知行動療法の書籍も増え、耳にされたことのある方もいらっしゃるかもしれません。

 

時々、「考え方を変える方法ですか?」と質問されることがあります。

認知行動療法の書籍やネットでの情報を見ると、このように理解されることがありますが、認知行動療法は考え方を変える手法とは少し異なります。

物事にいろいろな考え方を持てるよう、柔軟な思考ができることを目標に取り組みます。また、柔軟な思考ができるようになることは、認知行動療法のほんの一部です。ほかにも、症状や困りごとによってさまざまな技法があります。

患者さんの困りごとに合わせて、いろいろな技法を取り入れながら、協同して生活の向上に取り組むことが認知行動療法と呼ばれる心理療法です。

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

心理師

 

足もとにお気をつけください

おはようございます。

本日も寒い朝となっております。

週末には少し暖かさも戻るようですが、本格的な冬の到来ですね。

本日は歩道も滑りやすく、クリニック前の道路も滑りやすくなっております。

ご来院の際は、くれぐれも足もとにお気をつけください。

 

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

心理師・事務

春名