食料危機?コロナの影響か?スーパーから食料が消える?

最近、札幌市内の近所のスーパーに行って、ふと気になることがありました。

保存食(レトルト・缶詰・乾麺・ホットケーキミックス等)が、ほとんど売切れになっております。食料危機になるのでしょうか?^^;;

新型コロナのため、世界の食料輸出国が輸出制限をかけていますので、その影響が今後、徐々に出てくるのかと思います^^;;

現在の日本国内の食料自給率(日本国内で調達できる食べ物の割合)は、実は40%以下です。つまり60%以上は海外からの輸入に頼っています。だから食料輸入が途絶えたら、日本は非常に厳しい事態となります(/ω\)

ただし道民限定ですが、少し朗報があります。北海道の食料自給率は150%あります^^ さすが「日本の食糧庫」と言われるだけの底力があります(*^^*)

しかし首都圏をはじめ本州で、食料の値段が吊り上がれば、道内の食料は道民をスルーして本州に向かう可能性があります;;

いやはや、本当に大変な時代が来ました(;´Д`)

全世界が破滅的コロナダメージの被害を受けたことは、歴史の教科書にも間違いなく残ると思います。この腹立たしさを人類は決して忘れないと思います。今回の塗炭を舐めるような苦しい経験を今後の日本のあり方を考える上で、ある意味、よき契機・教訓になればと考えております^^;;

では明日からも継続して、自分自身に与えられた目の前の一つ一つ日々の課題をこなして、いきましょう(#^.^#)

札幌 西区 琴似

心療内科 精神科

札幌ことにメンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫