Q&A:第27回 仕事で多忙が続き、連日、睡眠不足です。このままで大丈夫なのでしょうか?

                  第27回

Q:仕事が多忙で、残業と休日出勤が続いています。連日、睡眠不足で、最近、仕事に行くのがとても、つらいです。このままで大丈夫なのでしょうか?

A:結論から申し上げれば、こころのエネルギーが著しく低下しているサインだと思われます。慢性的な過労は、こころのエネルギーを徐々に奪っていきます(/ω\)

こころのエネルギーが低下すると、不眠症うつ病、不安障害などになる危険性が高まります^^;;

朝の抑うつ 意欲低下 気分の沈み 不眠 集中力の低下 頭重感 肩こり などの症状が2週間以上持続するのであれば、うつ病の可能性が考えられます。

残業時間(時間外勤務)が1ヶ月で80時間を超えてくると、過労死ラインに突入します。その状況が長期間持続すれば、過労死(心筋梗塞 脳卒中etc)のリスクが高まります(;^ω^)

過労死ラインを分かりやすく説明します(2001年の厚生労働省 局長通達 参照)

①過労死発症前1ヶ月で100時間以上の時間外労働 (残業) 

②過労死発症前2~6ヶ月で80時間以上の時間外労働(残業) 

これは、睡眠時間によって、分類されております。

様々な研究から、健康を保てる最低睡眠時間は、1日6時間以上といわれてます。

時間外労働が多くなると当然、睡眠時間を削らざる負えなくなります。

①は、1日の睡眠時間が5時間以下(が1ヶ月続く)

②は、1日の睡眠時間が6時間以下(が2~6か月続く)

となります。

 

勤労は尊いですが、過労は心身ともに悪い影響があります。間違っても過労死など不幸なことが起きないようにお気を付けて下さいm(_ _)m

札幌 西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫