Q&A 第6回(精神科のお薬を服用するのは、副作用とか依存が心配なのですが、大丈夫ですか?)

Q:精神科のお薬を服用するのは、副作用とか依存が心配ですが、大丈夫ですか?

 

A:精神科・心療内科領域の疾患では、なるべく薬剤を使用しないで、治療することが理想的です。まずは精神療法で、しっかりとアプローチすることが大切です。しかし疾患の種類や症状によっては、やむを得ず、薬物療法をお勧めする場合があります。

副作用を心配される患者様がたくさんおられることは十分、承知しております。しかし、どうしても薬物療法が必要な場合は、患者様にとってプラス(主作用)とマイナス(副作用)を慎重に見極めて、プラスが多い場合に、最少用量の薬物を処方することをお勧めしております。そうすることで、副作用の出現を著明に減弱することが可能となります。また依存性についても、最少用量の薬物の処方を行うこと、主治医と患者様の信頼関係の構築および環境調整(家族・友人・知人・職場の上司・学校の先生等に理解を促して、患者様のストレスを減らす環境づくり)を行うことで、薬物に対する依存姓を減弱することが可能となります。わかりやすく言いますと、患者様が孤立しない環境を整えることが大切となります

新年も明けて、すでに11日目となりました。今年は、平成最後の年となりますが、自分自身のペースを崩さないで日々をお過ごし下さい^^

札幌市 西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科 精神科 メンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫