双極性感情障害(躁うつ病)について②

前回、双極性感情障害について

(1)双極性感情障害とうつ病の違い

(2)双極性感情障害には、Ⅰ型とⅡ型があることをご説明しました。

うつ病と双極性感情障害は、しっかりと区別する必要があります。何故なら、治療法が全く違ってくるからです。

 

【治療のポイント】うつ病の患者さんには、抗うつ薬を中心とした薬物療法を行いますが、双極性感情障害の方に抗うつ薬を処方することは非常に慎重を期する必要があります。それは、抗うつ薬を使用すると躁転(うつ状態から躁状態に急に転じること)する場合が多々あるからです。

そのため、双極性感情障害の治療は、第一選択薬として、バルプロ酸ナトリウム 炭酸リチウム カルバマゼピン ラモトリギンなど気分安定薬を処方することが一般的です。

●躁症状が強い場合には、必要によって抗精神病薬を併用する場合があります。

●うつ症状が強い場合は、先ほど申し上げましたように躁転に気を付けて、慎重に少量の抗うつ薬を使う場合もあります。

●どちらの病相にも共通する症状として不眠が挙げられます。そのため、不眠の治療も同時に行います。

●うつ病の症状で受診にこられた患者さんの中で、実は双極性感情障害だったケースが15%前後あると言われてます。的確な診断のために、過去に躁状態を呈したことがある場合は、主治医にその旨を、きちんとお伝えください。

 

それでは、次回、最終の3回目に続きます。

本日から、雪が本格的に積もってきました^^

路面が滑りやすくなっておりますので、転倒して怪我などされないようにお気をつけ下さい(*^_^*)

 

 

札幌市西区 琴似 二十四軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫