アルコール依存症における飲酒量低減薬について

ナルメフェンという薬剤が平成31年3月5日に、国内で一斉に発売される予定でしたが、厚生労働省から突然のストップがかかり、大幅にリリースが遅れてます。

一部の重度アルコール専門治療機関は、すでに使用が許されているようですが、そこでの様子を聴くと、かなり効果があるようで、徐々に酒量の減少に成功しているケースもあるようです。

発売1週間前に突然、厚生労働省からストップが入った理由は分かりませんが、減酒・節酒につながれば、予防医学の観点から、将来的な医療費抑制に十分つながると考えます。

早く患者さんに、有益な薬剤が、少しでも早く使用できるようにして頂きたいものです。

札幌 西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科 精神科

院長 阿部 多樹夫