Q&A 第2回(血液検査が必要な理由)

Q:何故、心療内科・精神科なのに血液検査(採血)が必要なのですか?

A:主に2つ理由がございます。

A1.身体合併症(糖尿病 高脂血症 緑内障 心臓疾患 甲状腺機能異常 副甲状腺機能異常 重症筋無力症 高度肝機能障害 等)の疾患がある方には メンタル系の薬剤を処方してはいけない、もしくは処方が望ましくない(絶対的・相対的禁忌薬剤)が結構あります。また、認知症の場合に、ビタミン欠乏症が原因になっている場合もあります、そのため事前に、そのような基礎疾患が無いか、知っておく必要があります。

A2.心療内科・精神科領域の疾患で処方します薬剤は副作用として、糖尿病や高脂血症の悪化、甲状腺機能障害 性機能障害 薬剤中毒症状等が認められることがしばしば、あります。そのような副作用を、いち早く把握して予防するためには、定期的な血液検査が、どうしても必要となります。

心身一体の言葉通り、最初から全てをメンタル的な原因とせず、心身両面から慎重に総合的に判断するのも我々、心療内科・精神科医の重要な使命だとご理解ください。

札幌市西区 琴似 二十四軒 八軒

心療内科・精神科・メンタルクリニック

院長 阿部 多樹夫